1. ホーム > 
  2. 集客と色の関係 > 
  3. テーマ「配色」

集客と色の関係

「色」は商品を宣伝、販売する上で重要な要素のひとつです。

テーマ「配色」

配色とは、色と色の組み合わせのことです。
それぞれの色が持つ個性(イメージ・特徴)を組み合わせることで、
単色では表現しにくいイメージや色の効果を発揮させることができます。
例えば、看板などは誘目性(目立つこと)が大切ですが、
インテリアでは安らげる空間づくりが求められます。
このようなイメージは、配色の決まりやルールをうまく活用することでコントロールでき、商品の宣伝に役立ちますので、今回はその中からいくつかご紹介します。

配色の種類

色には大きくわけて3つの性質があります。
例えば色を表す時、「明るくて鮮やかな赤色!」と言ったりしますが、 この言葉の中の、

この3つを抑えておけば怖いものなしです!
どの性質で色を合わせるかで色々な配色が出来ます。

色相配色

美術の時間に習った色相環を覚えていますか?その隣同志の色で合わせたり、近い色で合わせたり、反対の色で合わせたりする配色方法です。

明度配色

図のAのように明度差が大きいとメリハリがつき活動的な印象になり、反対に図Bのように明度差が小さいと落ち着いたやさしい印象になります。このように明度を利用した配色のことを「明度配色」といいます。

高明度同士:明るく柔らかいイメージ
中明度同士:落ち着いた上品なイメージ
低明度同士:どっしりと静かなイメージ

彩度配色

彩度の低い色の中に、鮮やかな(高彩度)の赤を小面積で使うことにより、赤が引き立ちます。このように鮮やかさを利用した配色方法です。

配色のテクニック

グラデーション(階調)

色相、明度、彩度などを規則的に変化させる配色のことで、変化が規則的なグラデーションは安定したリズムが人を心地よくさせます。しかし反面、面白みにかける恐れがあります。

セパレーション(分割)

分割する。隣同士の色の調子を強めたり、弱めたり、調和させる効果が生まれます。 間に入れる色は一般的に無彩色(白、グレー、黒)が使われます。

アクセント

小さい面積で使って効果を狙うのがアクセントカラーです。明度や彩度に差のある組み合わせで使うと効果的です。 看板や標識に向いたテクニックです。



オーダーのぼりドットコムが選ばれる10の理由

通常便7日特急便3日 価格明瞭 豊富な商品ラインナップ デザインサポート エクセルやワードのご入稿もOK! 安心の入稿確認 交換保証 迅速丁寧な対応 手数料当社負担 3年間データ保管

ご利用ガイド

700以上のデザインから選べます!
このWEBサイトはCO2削減に貢献しています。
SSL グローバルサインのサイトシール

当サイトでは、安全性の証明とプライバシー保護のため、
SSL暗号化通信を採用しておりますので安心してご利用下さい。

このWEBサイトはSECURITY ACTIONの一つ星を宣言しました

MY PAGE ログイン

新規会員登録はこちら

のぼりポールの組み立て方

のぼりポールと立て台の適合表

納期と品質に絶対の自信 私たちが心を込めてのぼりをお作りします!

部門紹介


のぼりの製作に携わるスタッフがお役立ち情報を発信。

お客様相談窓口

のぼりの製作はハクロマークに!

0120-896-092

受付時間9:00~18:00

TEL(079)281-8898
FAX(079)281-7062

オーダーのぼりドットコム
【運営】
株式会社 ハクロマーク製作所
兵庫県姫路市西中島284-8

おかげさまで顧客大満足度84% 2018年度

facebookページへ

twitter

pinterest