HOME > のぼりの活用事例 > お祭りで使うのぼり

お祭りで使うのぼり

2016年10月04日
こんにちは。
印刷担当の岩澤です。

10月になりましたね。
10月といえば秋祭りのシーズンですね。
ハクロマークがある姫路市は秋祭りが盛んで、
特に有名なのは「灘のけんか祭り」です。
小さい頃に1度だけ見に行った事があるのですが、
あんまり意味を理解していないにも関わらず
すごい迫力でビックリしていた事を覚えています。

そしてお祭りでも活躍するのがのぼりです。
僕の住んでいる地域はそんなに大きなお祭りではないですが、
あっちこっちにのぼりや提灯が立ち始めました。
これらが立ち始めるとお祭りが近づいて来たって感じですね。



ハクロマークではお祭りや神社で
立てるようなのぼりももちろん製作可能です。
http://www.order-nobori.com/cotton.html

お祭りや神社で立てるのぼりは一般的に綿生地で作る事が多いです。
飲食店等に立っているのぼりのほとんどは
ポンジという生地が使われていて、
綿生地はポンジに比べて高価にはなりますが
その分長い期間使っていただけます。

でもやっぱりちょっと高いな〜と
思われる方はポンジでも製作可能です。
実際にポンジで作成される方もいらっしゃいます。

お祭りののぼりを作りたいな〜とお悩み中の方が
いらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤がお届けしました。

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:オーダーのぼりドットコム店長@西山



好きなアーティストは?:嵐♪
学生時代の部活は?:吹奏楽部
好きな映画は?:「ストロベリーナイト」
私の特徴を一言で!:マイペース
自慢できることは?:アラフェスに当選し国立まで行った事

オーダーのぼりドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。
お客様の思い通りののぼりが出来るよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思いますので、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。とことんお付き合いいたします!
<< 2016年 10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事