HOME > のぼり > 外に出したままの防炎のぼり

外に出したままの防炎のぼり

2018年03月15日
こんにちは。
オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤です。

今回はポンジの防炎のぼりについて書きたいと思います。

のぼりのラインナップに、防炎のぼりがあります。
防炎のぼりとは防炎加工をした生地を使ったのぼりの事で、
場所によっては防炎の生地じゃないと、のぼりが立てれない場合もあります。
この防炎と言うのは燃えないという意味ではなく、
燃え広がりにくいという意味です。
実際に火を近付けると溶けていくような感じになります。

では、この防炎のぼりを外に出したままにしておくと
もしかしたら雨や風で防炎の効果が無くなるのでは?
と気になる方もいるかもしれません。

これは以前に実際に試してみた事があります。
外に数ヶ月の間、出したままにして変化を調べました。

結果は・・・
防炎の効果は変わりませんでした。
実際には微妙に効果は薄れてきているのだろうとは思いますが、
それよりも生地の劣化の方が早く、生地が脆くなってしまいました。
なので生地は弱くなりますが、
防炎の効果がすぐに無くなるという事はありません。

のぼりを外に出したままにするとどうなるか?は
以前に書きましたので↓↓↓をご覧ください。
http://www.order-nobori.com/blog/home/archives/000175.html
http://www.order-nobori.com/blog/home/archives/000176.html

ちなみに今回書きました内容は防炎ポンジについてになります。
長持ち高発色のぼりや金巾の綿のぼりだと生地も変わり、
防炎加工のやり方から違ってきますので↓↓↓をご覧ください。
http://www.order-nobori.com/qanda/detail126.html

オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤がお届けしました。

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:オーダーのぼりドットコム店長@河野



所属していた部活:テニス部・水泳部
好きな俳優:ジョニー・デップ
映画:パイレーツオブカリビアン
自慢できることは?:
簡単なラテアートができること!今は…(笑)

オーダーのぼりドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。
お客様に安心してご注文いただけるよう
とことんお付き合いいたします!
明るい電話対応を心がけておりますので、
お気軽にご連絡くださいませ。
<< 2018年 03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事