HOME > 2016年04月

2016年04月

実践!ライブペイントツールの使い方

2016年04月12日
こんにちは。
デザイン担当の林です。

もうすっかり春のぽかぽか陽気ですね。
眠気に襲われていませんか?

さて、
今回はイラストをトレースするときに
とても便利な「ライブペイントツール」について
ご紹介したいと思います。

まず、ライブペイントツールとは
オブジェクトに色を付けるツールのことです。

通常、オブジェクトに色を付けるときは
重なり順を考えたり、
パスが閉じていなくて思うように色が付けられなかったり、
複雑なイラストになると頭を抱えることもしばしば。。。

そんな悩みを解消してくれるのか
ライブペイントツール」です。

ライブペイントツールを使って
実際にイラストに色をつけて見ましたので
ご紹介します。

このイラストをトレースします。



@ペンツールでイラストをなぞります。
画像を消すとこんな感じ


A単体で色が付けられるオブジェクトはライブペイントツールを使いませんので
 先に色をつけておきます。


B色を付けたオブジェクトや、眉や鼻、口のような黒線のみのパーツに
 ロックをかけます。


Cロックをかけていない部分を全て選択


Dライブペイントツールを選択して色を付けています。
 カーソルを近づけると赤く縁取られた部分ができます。
 その部分に色をつけることができます。
※ライブペイントツールを選ぶ前に、使用する色をスウォッチに
 登録しておくと作業がしやすいです。


E顔の色をスウォッチから選んでイラストの顔をクリックします。
 すると、イラストに色がつきます。


Fイラスト全体に色を付けるとこんな感じになります。


Gイラストの顔の部分や隠れているパーツを
 元画像に合わせて整理します。


H色と色の境の不要な黒線を「塗りなし」の状態にします。


I完成


慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが
慣れると本当に便利!

「まだ使ったことがない」という方は
一度チャレンジしてみてください

のぼりで応援!

2016年04月19日
こんにちは。印刷担当の岩澤です。

前回はマラソンに出場した話を書かせていただきました。
そのマラソンを走っている時に感じた事、
それは応援の力って凄いという事です。

沿道ではたくさんの人に応援していただきました。
沿道の方達はもちろんほとんど知らない人ばかりです。
それでも知り合いを応援するように声援を送っていただいて、
疲れを忘れる事ができました。

中にはのぼり等で「○○さん、頑張れ!」
というような道具を使った応援もありました。
普通の声援でもありがたいのに、道具を使って応援してもらえると、
応援されている選手は本当に嬉しいと思います。

たまにハクロマークでもマラソンの応援用のぼりの仕事をいただきます。
今まではあんまり気にしてなかったですけど、いざ自分が出場してみると
のぼりを持って応援してもらったら、めちゃめちゃ嬉しいだろうなと思いました。

僕個人にはのぼりを使うような応援は無かったですけど、
知り合いが数人わざわざゴールまで来てもらっていたので、
それだけで「絶対に完走するぞ!」って気持ちになりました。

プロスポーツ選手がインタビュー等で
「応援が力になりました」
と言うのを聞いたりしますが、本当にその通りだと実感しました。

暖かくなってきてスポーツも盛んになってきました。
皆さんものぼりを使った応援なんていかがでしょう?
機会があればよろしくお願いします。

応援にお役に立つグッズはこちらです!
↓↓↓
部活や応援のシーンでお役に立つ商品案内



働くヒト ブログランキングへ

のぼりを使ってアピール!

2016年04月21日
こんにちは。印刷担当の岩澤です。
暖かくなって、印刷をしているこの部屋も
だんだんと暖かく・・と言うか暑くなってきました。

最近、楽しみにしている事は日曜日の大河ドラマ「真田丸」です。
歴史はめちゃめちゃ詳しいわけではないですが、
好きなので興味のある主人公の時は見ています。

今回の主人公、真田信繁は有名なので名前は知っていましたが、
何をした人かと聞かれれば大阪の陣で活躍したくらいしか知らず、
どんな展開になるのか毎回わくわくしながらドラマを見ています。

戦国時代と言えば、合戦のシーンでやっぱり
のぼりに目が行ってしまったりします。
のぼりをたなびかせながら進んで行く姿はかっこいいなと思ったりもします。

今回の「真田丸」でもオープニングの最後の方で
赤備えの騎馬隊が突撃している場面がありますが、すごく好きです。

戦国時代の合戦ののぼりは
所属部隊をわかりやすくする為に目立つようにしていたそうで、
ドラマとかで織田信長が本能寺で攻められた時に敵兵ののぼりを見て
敵の正体を知ったという場面を見た事があります。

今回の大河ドラマの主人公、真田信繁は後々
敵味方に分かれてしまった兄の立場が悪くならないよう
大阪の陣で家紋の入ったのぼり等は一切使わなかったという話も聞いた事があります。
つまり、のぼりでそれだけ目立つというわけですね。

そしてそれは今の時代でも同じです。
お店をされているお客様から
「わかりにくかった店が、のぼりを立てる事で目立つようになりました」
というお声をいただく事もあります。
  ↓ ↓ ↓
http://www.order-nobori.com/katuyou_03.html
のぼりを作ってみたいという方がいらっしゃれば、よろしくお願いします。

オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤がお届けしました!


働くヒト ブログランキングへ
プロフィール
管理者:オーダーのぼりドットコム店長@河野



所属していた部活:テニス部・水泳部
好きな俳優:ジョニー・デップ
映画:パイレーツオブカリビアン
自慢できることは?:
簡単なラテアートができること!今は…(笑)

オーダーのぼりドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。
お客様に安心してご注文いただけるよう
とことんお付き合いいたします!
明るい電話対応を心がけておりますので、
お気軽にご連絡くださいませ。
<< 2016年 04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事