HOME > 2018年02月

2018年02月

綿のぼりのお悩み解決!

2018年02月01日
こんにちは!
オーダーのぼりドットコムの河野です。

今回は、綿のぼりに関するお悩みを解決します!

最近「綿のぼりを1〜2枚作りたい!」という方が多くいらっしゃいます。
ただ、金巾という綿の生地でお作りする場合、
大きな版を色の数だけ作って1色ずつ印刷する方法(捺染プリント)ですので、10枚からのご注文となります。
捺染プリントは動画でもご説明しておりますので、こちらをご覧ください。
↓↓
http://www.order-nobori.com/tigai.html#point01

では、「綿のぼり1枚は作れないのか…」と思いますよね?
大丈夫です!
「綿のぼりを1枚作りたい!」そんな方にお勧めののぼりがございます。
それは、【綿風のぼり】と【和風のぼり】です!!

【綿風のぼり】は、金巾という綿のぼりの生地にそっくりなエステル金巾という生地を使用したのぼりです。

綿のぼりと綿風のぼりの違いについて
・生地
エステル金巾は、金巾に似せたポリエステル100%の生地なので、綿ではありません。
・印刷方法
綿風のぼりは、転写紙と生地を重ね合わせて200度の高熱で転写する「昇華転写」という染めの方法になります。

見た目はそっくりですが、生地と印刷方法が違うため
綿風のエステル金巾は、やわらかな肌触り
綿の金巾は、パリッとした仕上がりになります。

綿のぼりは、大きな版を作るため、細かい柄やグラデーション・写真をお入れすることができませんが、
綿風のぼりは、そういった制約がありません。

次に、【和風のぼり】は、サイトにご案内しておりませんが、
「カツラギ」「厚手スラブ」「麻風生平」という3種類の生地を使ったのぼりで、
和の雰囲気を出したい方にはお勧めです!

綿風のぼりと同様、綿ではなくポリエステル100%の生地で、印刷方法は「昇華転写」ですので、
1枚からご注文いただけて、さらにフルカラーで細かい柄や写真などをデザインに入れることができます。



【綿風のぼり】【和風のぼり】の生地は、無料の生地見本帳をご用意しておりますので、
ぜひお手にとってご検討くださいませ。
↓↓
https://www.order-nobori.com/kijisample.html?cid=head

※エステル金巾をご希望の方は、お手数ですが、ご要望欄に「エステル金巾希望」と一言ご記入ください。

オーダーのぼりドットコムの河野がお届けしました!

<関連記事>
http://www.order-nobori.com/blog/home/archives/000179.html


Illustrator−ブラシを登録してデザインを簡単アレンジ

2018年02月06日
こんにちは。
オーダーのれんドットコムの林です。

今年は本当に寒いですね。
弊社は兵庫県の南側ですので、まだ雪の影響はありませんが
関東や東北、日本海側の地域は大変そうですね。
荷物の配達ができない場合もあり、
ご希望の納期に商品がお届けできないことも、、、

先日、やり取りをさせて頂いた東京のお客様は
雪かきをしてから出勤されたと伺いました。

仕事にも影響が出るので、雪は「きれい」「楽しい」というイメージがある反面
大人になると「危険」「面倒」といったマイナスのイメージも否めませんね。
くれぐれも事故にだけはお気をつけください。

さて、そんな雪ですが冬の雰囲気を出すにはピッタリのアイテムです。

スキー場でのイベントの宣伝や、冬の旅行(ツアー)等の広告に
良いのではないでしょうか。

雪の結晶の作り方は以前ご紹介しました↓
http://www.order-nobori.com/blog/home/archives/000111.html

今回は、その雪の結晶をブラシに登録して自然に散らす方法をご紹介します。
1つずつコピペしてもいいのですが意外と自然に散らすのって難しんですよね。
登録の仕方はとっても簡単!

<手順>
まず雪の結晶を用意します。



雪を、[ブラシのパネルメニュー]にドラッグ


[新規ブラシ]ダイヤログで散布ブラシを選択してOKをクリック


[ブラシオプション]ダイヤログで
雪のサイズや間隔等の詳細を設定してOKをクリック




※この設定のときに[色彩]の方式を[淡彩]にすると
線の色がブラシに反映されて色を変えるのに便利です。


設定した雪の結晶のブラシを線に適応すると


同じ方法で別の形のブラシを作成し、雪の結晶と組み合わせてみると


これをのぼりにアレンジすると


同じ手順で桜を登録すると春にピッタリのデザインも簡単につくれますよ♪


是非試してみて下さいね。

オーダーのぼりドットコムの林がお届けしました。

<参考記事>
http://www.order-nobori.com/blog/ho me/archives/000111.html

のぼり印刷中のトラブル

2018年02月15日
こんにちは。
オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤です。

毎日同じ印刷機で何時間も印刷をしていると
時にはトラブルも起こってしまいます。

この前は急に生地が滑るような状態(正確には滑っているのではないですが)
になってしまいました。安定したスピードで生地が前に進んでいかないと・・・
下の写真のようになってしまいます。


これはわざと影みたいにしているのではなく、
印刷がずれてしまっています。

更に隙間が出来てしまって、
白い線がたくさん入ってしまう事もあります。


もちろんこんな状態で印刷しては商品にならないので、
業者さんに来ていただいて修理しました。

更にトラブルは起こります。
キレイに印刷する為に、いつも印刷を始める前には
ヘッド(インクが出る部分)をクリーニングします。
これはボタンを押せば自動でしてくれるのですが、
クリーニングをしてもキレイに印刷できなくなってしまいました。

こちらはクリーニングをするユニット部分が不調で起こってしまいました。
こちらも修理してもらいましたが、それまでは応急的な方法でしのいでいました。

2月になって半分くらいですが、
ちょっとトラブルが続いてしまいました。
そう言えば去年の今頃も大きなトラブルが起こっていた記憶が・・。

最初にも書きましたが時にはトラブルが起こってしまいます。
でもそのおかげでトラブルが起こった時の
対処法を知ったり見つけたり改善したりして、納得できる状態にしてきました。

トラブルが起こっても妥協せず、
全てのお客様に満足していただけるように
丁寧に印刷をしていきますので、安心してご注文していただけたらと思います。


オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤がお届けしました。

プロフィール
管理者:オーダーのぼりドットコム店長@河野



所属していた部活:テニス部・水泳部
好きな俳優:ジョニー・デップ
映画:パイレーツオブカリビアン
自慢できることは?:
簡単なラテアートができること!今は…(笑)

オーダーのぼりドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。
お客様に安心してご注文いただけるよう
とことんお付き合いいたします!
明るい電話対応を心がけておりますので、
お気軽にご連絡くださいませ。
<< 2018年 02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新記事