HOME > 2018年08月

2018年08月

のぼりの縫製

2018年08月30日
こんにちは。
オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤です。

今回は私が担当しているのぼり印刷の後の工程、
「縫製」について紹介したいと思います。


当たり前ですが、印刷しただけでのぼりは完成!ではなく、
この後は周囲を補強したり、チチを付けたりする必要があります。

下の写真は印刷が終わった直後の生地の状態です。
このように生地は巻かれた状態で縫製チームに渡ります。

ここでまずヒートカットをして1枚1枚切り分けていきます。
のぼりの縦の辺は印刷しながら切っていくのですが、
上と下の辺は手作業で切っていきます。

この後から縫製の作業になります。
まずはミシンを使って1枚ずつ のぼりの下辺を三つ巻きします。
私もこの作業は一応出来ますが、
すごく難しくて1枚縫うのに約30秒ほどかかります。
しかし縫製チームの手にかかれば1枚6秒ほどで出来てしまいます。
プロの技って感じがします。
のぼり三つ巻
下辺の三つ巻きは標準の仕様ですが、
追加料金で長編など他の辺も三つ巻きする事が出来ます。
もちろん下辺だけ三つ巻きするよりも、
他の辺も三つ巻きした方が強度が上がり長く使っていただけます。


次はチチ付けです。
チチ付けは専用のミシンを使って付けていきます。
のぼりチチ付け
このチチ付けも1枚1枚やっていきます。
こちらの作業も私も出来る事はできますが、
縫うスピードが違います!
縫製チームの手にかかれば凄いスピードで作業が進んでいきます。

この後は梱包して、出荷されていきます。
このように縫製は1枚1枚やっていきます。
スピードは速いですが完成度が低いとかではなく、
しっかりと縫製していますので安心してくださいね。


今回はのぼりの縫製作業の紹介を
オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤がお届けしました。

のぼりのご注文はこちらから↓↓↓
http://www.order-nobori.com/

プロフィール
管理者:オーダーのぼりドットコム店長@西山



好きなアーティストは?:嵐♪
学生時代の部活は?:吹奏楽部
好きな映画は?:「ストロベリーナイト」
私の特徴を一言で!:マイペース
自慢できることは?:アラフェスに当選し国立まで行った事

オーダーのぼりドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。
お客様の思い通りののぼりが出来るよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思いますので、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。とことんお付き合いいたします!
<< 2018年 08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事