HOME > 2019年12月

2019年12月

のぼりで細かい文字を印刷

2019年12月12日
こんにちは。
印刷担当の岩澤です。

今回は小さな文字を印刷した場合
どれくらいの大きさまでなら読めるのか
についてご紹介していきます。

どんな文字でも問題なく印刷できたら良いのですが、
布に印刷するので、どうしてもにじんでしまう事があります。

特にミニのぼりは
どこにでも置けて便利な面はありますが
生地の面積が小さい分、印刷する文字や絵柄ももちろん小さくなり
あんまり細かすぎると文字が潰れてしまいます。

限られた面積でどれくらいの大きさの文字なら
読めるのか、気になる方もいらっしゃいますよね。


まずは実際の印刷物を見た方が
わかりやすいと思いますので印刷してみました。

小さい文字の印刷
<白地に黒い文字で印刷>

1番上の文字は約1センチの大きさです。
そこから下になるにつれて
2ミリずつ小さくしてみました。
1番下の文字は片仮名の部分は読めますが
「製」の文字は潰れてしまって読みにくくなってしまいました。
こういった画数の多い文字は要注意です。


今度は背景を黒にして、白抜き文字で印刷してみました。

小さい文字の印刷白抜き
<黒地に白抜き文字の印刷>

白抜きにすると文字の周囲のインクが
少しにじんでぼやけてしまいます。
1番下の文字の片仮名はギリギリわかりますが
漢字はかなり読みにくくなってしまいました。


次は背景の色を藍色にしてみました。

小さい文字の印刷白抜き2
<藍色に白抜き文字の印刷>

藍色は黒に比べて更にぼやけた感じになります。
1番下の文字は何か白いものがあるな〜くらいで読むのが難しくなり、
その上の文字も細くなってしまいました。
普通の大きさののぼりなら、
少しくらいぼやけても気になりませんが、
細かい印刷だと目立ってしまい
読めなくなる事もあります。

ご覧の通り、同じ大きさの文字でも
色や文字や書体によっても違ってきて
実際に印刷してみないとわからない場合もあります。

文字を大きくすれば解決できる事が多いですが、
デザイン的に変更できない事もありますよね。
もし気になるようでしたら、お気軽にお問い合わせください。
実際に印刷して、写真を撮ってメールで送る事もできます。

オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤がお届けしました。

のぼりと横断幕をあわせてより華やかに。

2019年12月17日
みなさまこんにちは!
今年も残すところあと2週間!


12月は「師走」といいますが、
昔、日本には年末になるとお坊さん(僧・師)に自宅まで来てもらい、
お経を唱えてもらう風習があったそうです。
そのため、年末が近づくとあちこちから依頼がくるお坊さんは、
東西行ったり来たりの大忙しになることから
その様子を見て「師が馳せる」から師走になったという説があるそうです。

実際本当に早く感じますよね。
あっという間にお正月がやってきそうです。

そんな年末から年明けにかけて、
色々なところで催しが行われますよね。
のぼりなどご注文忘れはございませんか??

さて、先日「B1グランプリ」という祭典にいってきました。
B1看板

そこでたくさんののぼりや横断幕に出会ってきたので
ご紹介したいと思います。

1色文字のみののぼりもあれば、
イラストが入ったカラフルな可愛いのぼりまで。
B1のぼり1色

B1のぼりカラフル

各地方の団体様によってさまざまですね!
B1会場

横断幕に写真を入れると大きくて美味しそうで
食欲がわいてきますね!
B1横断幕写真入り

もちろん、のぼりや横断幕だけでなく、
お料理の美味しさが一番だとは思いますが
より多くののぼりをディスプレイをされている団体様のブースに
お客さんが集まっているように思えました。
B1横断幕+のぼり

そこで!
お祭りなどでよく見る屋台やロードサイドのお店で
ディスプレイが横断幕だけだったり、のぼりだけという場合は
のぼりと横断幕を両方使えば
より華やかに、集客につながるのでは?!と思いました。

ちなみに、のぼり1枚の場合と同じのぼりを複数枚お作りいただいた際の
料金は以下のようになります。
※サイズ:W600*H1800mmの場合
のぼり価格表
その他のサイズにつきましてはホームページにございますので
こちらから↓↓
http://www.order-nobori.com/nobori.html#productPrice

そんなに多くののぼりは立てないし…という場合でも、
汚れた時の交換用にと複数枚ご注文いただいた方が
都度注文よりもお安くなりますのでぜひご検討ください。

お見積り・注文はこちらから
https://www.order-nobori.com/orderform/index.html?product_id=1

店内での販売の場合は、ミニのぼりもオススメです!
ミニのぼりアイスモナカ

ミニのぼりの詳細はこちら
http://www.order-nobori.com/mininobori.html

もちろん横断幕や垂れ幕も同じデザインのものを
複数枚ご注文いただければ割引できますよ!

横断幕は「旗・幕ドットコム」へ
http://www.hata-maku.com/product/taremaku_out.html

年末年始だけでなく、色々なイベントにも大活躍の
のぼりや横断幕。
是非一度ご検討くださいませ。

のぼりの歴史

2019年12月19日
のぼりをさした武将
こんにちは。
「オーダーのぼりドットコム」店長の西山です。

今年も終わりに近づきましたね。
この時期になると寒くて、外出を避けたくなりませんか?

休日は買い物など出かけるようにしていましたが、
最近は寒くて外へ出るのが嫌になり、
家でテレビを観ることが多くなってきました。

そんな私は大河ドラマ「軍師官兵衛」にハマってしまい、
DVDを借りて朝から晩まで観続けております!

ドラマを観ていると
よく武士がのぼり旗を背中にさして戦っているシーンがでてきますが、
「のぼりはいつ頃からあったのだろう?」
と観ているうちにすごく気になってしまい、
ちょっとのぼりの歴史を調べてみました。

のぼりが歴史に登場したのは、
なんと邪馬台国の時代みたいです!

そうなんです、「卑弥呼様ぁー」の時代なんです。

「魏の国が耶馬台国の地位を保証する印として
称呂印綬を卑弥呼のために贈った戦うための旗」
と中国の魏志倭人伝に記述があるようです。

実はこの頃は「流れ旗」という掛け軸の様な形状で、
長い棒の上部から旗を垂らし、
風に流す形の旗だったようです。

流れ旗
<流れ旗>

武士が軍容を誇示したり、
自軍と敵軍との識別をおこなうための
軍事旗だったようですね。

たしかに、野原に大勢で戦っていると、
目の前にいるのが見方なのか敵なのか、区別するのは
難しいですよね。


室町時代に入ると一族間の争いが増え、
家紋も旗も同じなので、敵味方の区別がつかない!」という事から、
旗竿に結びつけることで流れ旗とは区別しだしました。

これが『のぼり』の原型となったようです!

縦にも固定することで旗が見やすくなり、
全国の武家へと徐々に広まり、
戦国時代にその需要が高まったようです。

こんな時代から実用的に使われていたという事は、
のぼりの視認性はとても高い証拠ですね。

戦国時代以降もお祭りや式典など
縁起のいいお祝い事にのぼりが利用され、
江戸時代になるとお茶屋さんでも使われるようになり、
現在の宣伝広告としての使用方法へと定着していったのです。

団子ののぼり width=
<お茶屋ののぼり>

こういった時を経て、
今では身近な存在で様々な場所で
集客を目的に用いられることが多くなったのぼりも、
昔は戦いに使われていたり多くの歴史が刻まれているのですね。

未だに大きく形を変えずにはためいているのぼり旗、
こんな長い間使われているのは、
他にないかもしれませんね。

こののぼりの長い歴史をしっかりと心に刻み、
これからも仕事に取り組んでいきたいと思います。

オーダーのぼりドットコム、
店長の西山がお届けしました!


働くヒト ブログランキングへ
プロフィール
管理者:オーダーのぼりドットコム店長@西山



好きなアーティストは?:嵐♪
学生時代の部活は?:吹奏楽部
好きな映画は?:「ストロベリーナイト」
私の特徴を一言で!:マイペース
自慢できることは?:アラフェスに当選し国立まで行った事

オーダーのぼりドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。
お客様の思い通りののぼりが出来るよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思いますので、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。とことんお付き合いいたします!
<< 2019年 12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事