HOME > 2020年10月

2020年10月

のぼりの色持ちの良い色って??

2020年10月01日


皆さん、こんにちは。
オーダーのぼりドットコムの西山です。

朝晩は涼しくなり、秋を感じる季節になりました。
季節の変わり目ですが、体調は崩されていませんか?

秋といえば、「○○の秋」
この季節になると、よく聞きますよね。

皆さんにとって、今年はどのような秋でしょうか?

みんなでスポーツを楽しむことは難しいですが、
読書やこの時期にしか味わえない美味しいものを食べたり、
お家でできる「○○の秋」を楽しみましょう!

さて今日は、
のぼりの色の耐候性についてご紹介いたします。

ちなみに、どの色が一番長く持つと思いますか?

どれも同じなんじゃないの?
と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、色によって耐候性が違うのかどうか!?

1年間、のぼりを立てて耐候テストを行った結果がございますので、
見ていきましょう。

今回ご紹介するのは、
のぼり旗スタイリッシュのぼりスウィングバナーPバナー
ミニのぼりジャンボのぼりに使用しているポンジ生地。

長持ちのぼりに使用するツイル生地。

2種類の生地に、基本色45色を印刷して実験しました。

まずは、ポンジ生地です。

【赤系統】



【青系統】



赤、オレンジ、ピンク
この3色は、1年経っても大きな変色や退色はありませんね。

ただし、ピンクでも薄いピンクは退色が進んでいます。

いくら持ちの良い色でも、
薄いと退色、変色が早くなってしまうため、
濃い目の色を付けていただくほうが長持ちします。

青系統はどうでしょう?
退色、変色が大きく目立ちますね。

特に、紺色を見てみるとビックリ!
紫色に変色してしまいました。。。

続いて、ツイル生地です。
どのような結果になるのでしょうか。

【赤系統】




【青系統】




ポンジ生地と同じように、
赤、オレンジ、ピンクは大きな退色はありません。

青系統はポンジに比べると大きな退色や変色は目立ちませんが、
くすんだように見えますね。

○で囲んでいる青みがかった紫は、
赤みがかった紫に変わっています。

以上のことから今回の実験で、

1.赤系統の色は色持ちが良い
2.青色の成分が入った色は、色褪せしやすい
3.薄い色ではなく、なるべく濃い目の色を付ける方が良い

ということが分かりました。

のぼりを作られる際の参考にしてみてください。

また、のぼりを出しっ放しにせず、
夜は仕舞っていただくだけでも色持ちは良くなります。

ぜひ、お試しください。

もし、色持ちの気になるお色がございましたら、
お気軽にご相談ください。
↓↓
https://www.order-nobori.com/designsoudan.html


ミニのぼり旗をご紹介 置き型タイプ

2020年10月07日


みなさんこんにちは、製造の常盤です。

ミニのぼり旗という物をみなさんはご存知でしょうか?

注意深く探さなくても、少しぶらっと
出かければ色々なところに置いてあったりします。

お土産屋さんやパン屋さんでは商品を置いている棚に
その商品の特徴を書いていたり、

レストランやコンビニのレジ横には、
ポイント2倍デーやオンライン決済の案内をしています。

その他にも説明会やイベント会場の机の上、ホテルやジム、
緑の窓口の受付カウンター等、様々な場所に置いてあります。


これだけ色んな場所に置いてあるということは、
「ミニのぼり旗がそれだけ売り上げに貢献している!」
という証拠なのです。

そんなアピール力が高いミニのぼり旗を
もちろん弊社も作っています。


こちらは一番オーソドックスな置き型タイプのミニのぼり旗です。
(僕が入社したての頃に作ってもらいました。)
いつもパソコンのそばに置いています。

置き型のミニのぼり立て台は何種類かございますが、
底の部分に重りがあるものと無いものがございます。

立て台の裏
<立て台の底を裏から見たところ>


写真でみると分かりにくいのですが、
重りが入っている方は50gもあり、
見た目よりもかなり重たいです。


・・・ミニのぼり旗の重さを言われても
ピンとこないかと思いますので、

今回は重りが入った立て台と、入っていない立て台とで
どのくらい差があるかを実験してみました!


この検証は扇風機の「弱」、「中」、「強」の風を受けると
ミニのぼり旗はどうなるのか?といった内容で行いました。

それでは早速どのようになったのかを見ていきましょう。

まず、下の写真のように扇風機のそばにミニのぼり立て台を設置します。
手前の立て台が重り無しで奥が重りありのものになっています。
扇風機とミニのぼり

検証を始める前の僕の予想は、「弱」、「中」までは両方とも何ともないけれど、
強にしたとたんに重りが入っていない、手前の立て台はすぐさま倒れるのではないか、
と予想していました。

さて、それでは実験開始です。

扇風機の「弱」のスイッチをオン!





何もおきません。



では、「中」のスイッチをオン!





ミニのぼり旗はパタパタとはためきますが立て台は
しっかりと立っていました。


ここまでは予想どおりです。


さて、満を持して「強」のスイッチをオン!

手前のミニのぼりが動く

なんと、
予想に反して重りの入っていない立て台が動き出しました。


こいつ・・・動くぞ!


台が左右に傾きながら進む様はまるでトコトコと歩いているようでした。

ついにはこのミニのぼり旗、どこまでも歩いていくため、
そのうちカメラの視界から外れていきました。

どこかにいくミニのぼり


どこいくねーん!!


今回の検証で使った机はガラス張りだったので、
うまい具合に動きましたが、滑りがない机では、
恐らく倒れていたんじゃないかと思います。

いや、きっと倒れていました。


歩いている方の立て台の話ばかりしてしまいましたが、
重りが入っている立て台は流石というべきか、
扇風機の「強」でもびくともせずにしっかりと立っていました。

なんとなくお分かりになると思いますが、
「強」って結構な風の力です。
それでもびくともせずに立っていました。


屋内のエアコンの近くや、入口の近くのような、
風がよく当たるところで使用するのであれば、
この重りありの立て台がオススメですね。


他にも重り入りをおススメする場合がございます。
それは、使う生地が重い場合です。

ミニのぼり旗に使う生地は、基本的に、
先ほど上の写真でも使っていた「テトロンポンジ」という
のぼり用の生地がほとんどです。 薄くて軽いのが特徴で、
ミニのぼり旗を作る際もっとも一般的な生地です。

薄いが故に表からの印刷だけでもしっかり裏にまでインクが抜けます。
でも染め抜かれるので裏の柄は反転した状態になります。


表も裏もまともな柄で見せたい!という時に登場するのが、
「遮光スエード」という生地です。

生地の間に遮光材が入った3層構造となっているので、
表と裏で違う印刷が可能な生地です。

ミニのぼり旗の表裏

つまり両面まともな柄で見せることが出来ます。
ただその分、生地に重さも出てしまいます。

重りなしの立て台で「遮光スエード」のミニのぼり旗をつけると、
生地が重いので、少しの反動でも倒れてしまい不安定になります。

ですので、遮光スエードには重りが入った立て台がベストマッチングとなります。
遮光スエードのミニのぼり旗をお作りになる際には、
重りありの立て台をご注文ください!


他にもミニのぼり旗の立て台は色々と種類がございます。
色々あると初めてミニのぼり旗をお作りするときには、
どの立て台を選べばいいか分かりにくいかもしれませんね。

その判断基準になるような情報を少しでもお届け出来ればと、
今回の実験をしてみましたがいかがだったでしょうか?


今後も色々な立て台で実験をしてみたいと思いますので、
どうぞお楽しみになさってください!


自分にあった物を買って、よいミニのぼり旗ライフ(?)
をお過ごしください!
ミニのぼり旗のご注文はこちら

それでは今回はこの辺りで、また次のブログでお会いしましょう!


一般的なのぼりのサイズって?

2020年10月30日


皆さん、こんにちは。
オーダーのぼりドットコムの西山です。

今年も残すところあと2ヵ月となりました。

コロナウイルスの流行により何もできない日々が続いておりましたが、
「鬼滅の刃」のブームが社会現象になったり、
「Go To トラベル」「Go To Eat」キャンペーンが始まったことで、
ようやく活気を取り戻しつつあります。

まだまだ、コロナウイルスは収まりませんが、
これからクリスマスという楽しいイベントも待っています。

コロナ前と同じように、家族や友人など
大勢で楽しいイベントを過ごせる日々が戻ってくることを信じて
頑張っていきましょう!

本日は、お客様からよくご質問いただく
のぼりのサイズについて書きたいと思います。

お客様より、

「のぼりのサイズってどれくらいがいいですかね?」
「一般的なサイズはどれくらいですか?」
「注文が多いサイズはどれですか?」

といったご質問をいただきます。

確かに、いざのぼりを作ろうと思っても
どれくらいのサイズで作ればいいのか迷いますよね。

折角、のぼりを作るのに、
設置してみると・・・

「意外と小さかったな。もう少し大きなサイズで作ればよかった」
「もう少し小さなサイズにしておけばよかった」

なんて後悔はしたくないですよね。

では、どのサイズが一般的なのでしょうか?

オーダーのぼりドットコムでも、
ご使用用途に合わせて選んでいただけるよう

・450×1500mm
・450×1800mm
・600×1800mm

3種類のサイズをご用意しております。
↓↓
http://www.order-nobori.com/nobori.html?topbnr#productPrice

のぼりは店頭をはじめ、イベント会場のブース、
部活やスポーツイベントの応援など様々な場所で活躍していますが、
一般的に多く使われているサイズは、600×1800mmです。









きっと、皆さんが街中で目にするのぼりも、
600×1800mmサイズが多いと思います。

でも、中には、

「600×1800mmののぼりを立てたいけど、スペースがないんだよな〜」

という方もいらっしゃると思います。

そんな時は、450×1500mmか450×1800mmののぼりはいかがでしょう?









横幅が狭い分、限られたスペースに立てることができます!

特に、説明会や展示会などのイベント会場や
商店街など人が多く行き交う場所ですと、
600mm幅ののぼりは場所を取り、人に当たる可能性があります。

ですので、あまり幅を取らない450mm幅ののぼりが
良いかもしれませんね。

これ以外にも、

「サイズを大きくして、文字を目立たせたい」
「遠目からでも目を引くのぼりを作りたい」

といったことから、
700×2000mmや900×2700mmのジャンボのぼりで
作られる方もいらっしゃいます。



ジャンボのぼりになると、
600×1800mmの約2.5倍も大きくなるので、
インパクト大です。

屋外のイベントには持ってこいなのぼりです。

もし、大きなのぼりを立てられるスペースがございましたら、
ぜひ、ジャンボのぼりも検討してみてください!

ジャンボのぼりはこちらです↓↓
http://www.order-nobori.com/jumbonobori.html

さらに、お祭りの時期になると
数mある大きなのぼりが掲げられているのを
ご覧になったことがあると思います。

こちらです↓↓


HPでのご案内はございませんが、
もちろん、オーダーのぼりドットコムでもお作りできます!

今年はコロナウイルスの影響で
残念ながらお祭りが中止になってしまった地域が多いと思いますが、
来年のお祭りに向けて準備を始められているお客様から
「今持っている神社のぼりを新調したい」とお問い合わせがあり、
お見積りさせていただきました。

オーダーのぼりドットコムでは、
ご要望をお聞きし、ご希望のオリジナルサイズでお作りすることができます。

サイトに載っていないサイズでも
遠慮なくお申しつけください。

お見積りさせていただきます!

お問い合わせはこちらです↓↓
https://www.order-nobori.com/toiawase.html

また、サイズ感がイマイチ分からないなど
お困りごとがございましたら、
ご使用用途、設置場所を詳しくお聞きし、ご提案いたします!

何でも気軽にご相談ください!

以上、オーダーのぼりドットコムの西山がお届けしました。


働くヒト ブログランキングへ
プロフィール
管理者:オーダーのぼりドットコム店長@西山



好きなアーティストは?:嵐♪
学生時代の部活は?:吹奏楽部
好きな映画は?:「ストロベリーナイト」
私の特徴を一言で!:マイペース
自慢できることは?:アラフェスに当選し国立まで行った事

オーダーのぼりドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。
お客様の思い通りののぼりが出来るよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思いますので、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。とことんお付き合いいたします!
<< 2020年 10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事