カテゴリー: デザインのテクニック

デザインは書体と配色で変わる!

2017年07月20日
こんにちは、オーダーのぼりドットコムの林です。
今日はデザインについてちょっとご紹介します。

のぼりのデザインをする上での重要なポイントは「書体」や「配色」です。
同じ内容でも「書体」や「配色」を変えると全く違ったデザインに見せることができます。




例えば、下図ののぼり


書体、色を変えて
「お得な感じ」「老舗っぽい感じ」「かわいい感じ」「高級な感じ」
の4種類のデザインを作ってみました。




まずは
「お得な感じ」


赤と黒の配色で、書体は勘亭流を使いました。
赤は目立つ色なので良くのぼりに使用されますが
特にセールのような注目を集めたい場合や
禁止を促すものに使われることが多いです。

太くて丸みのある書体を使うことで親しみやすさを感じますよね?
黄色を使うとよりお得感がでます。


次ぎは
「老舗っぽい感じ」


濃紺ベースに、達筆な筆文字を選びました。
濃紺は、昔からのれんやのぼりに使われてきた色で日本人が好きな色です。
落ち着いた色から老舗感が感じられるはず。
背景に柄を入れると、より和風な印象になります。

3つ目は
「かわいい感じ」



淡いベージュと茶色の配色で
特徴のある「すずむし」という書体を使用しています。
文字の形がかわいいですよね。
濃い色よりも淡い色のほうが、かわいい雰囲気を作りやすいですよ♪
柄を入れるとよりかわいい感じになります。
写真が入ると販売している商品が一目瞭然で分かりやすいですね。


4つ目は
「高級な感じ」


黄土色と黒色の配色で、やわらかい印象の行書体を使っています。
黄土色は金色のようにも見えますよね。
そこに黒を入れると引き締まって見えませんか?
こちらも写真や柄を入れることで、より高級感を出すことが出来ます。


4種類を並べてみると

書体や色を変えると雰囲気が変わりますよね。
みなさんは、どのパターンがお好みでしょうか?

オーダーのぼりドットコムの林がお届けしました。

のぼりのデザインを夏っぽくする簡単アレンジ

2017年05月09日
こんにちは、デザイン担当の林です。

あっという間にゴールデンウィークも終わり、もう5月も半ば。
ついこの前まで肌寒さを感じていたのに
日中は半袖でもいいくらいですね。

暑くなってくると、
のぼりも夏っぽい配色やデザインが増えてきます。
でも「夏っぽい」ってどんなデザインでしょう?

たとえば、こののぼり



白と黒の配色に文字のみといった単純なデザインののぼりです。

こののぼりを夏っぽくアレンジすると


別パターンにするとこんな感じにもなります。


アレンジしたイメージを見てもらうと分かる通り
3パターンののぼりに共通することは

@寒色系で涼しげな印象に
A夏を連想するイラストを入れる


この2点を取り入れると簡単に夏っぽいデザインになりました!

背景の柄に合わせた書体を使うことで
より印象の違うデザインになりますよ。

参考にしていただければ幸いです。

オーダーのぼりドットコムの林がお届けしました。

のぼりに画像を入れるときに使えるレイアウト5パターン(3)

2016年09月27日
こんにちは。
オーダーのぼりドットコム、デザイン担当の林です。

今年はとても台風が多かったように思いますが
皆さんのお住まいの地域には影響ありませんでしたか?

やっと台風が過ぎて、これからは過ごしやすい秋ですね。
この週末、友人の個展を見に京都まで行ってきたのですが
予想していたよりもかなり涼しく
つい街をブラブラしてしまいました。

すると弊社で作らせて頂いた日除け幕に偶然出会って
咄嗟に写真を撮ってしまったのですが
周りの人から不審な目で見られていたような、、、

でも偶然に遭遇するとうれしいものですね♪
皆さんも、ちょっと遠出をして街を散策してみてはいかがでしょう?

さて、今回は
前回の続きで、画像の入れ方(パターン5)のご紹介です。

D商品の形に切り抜く


この方法は
ペンツールでやきいもの縁をなぞっていきます。


できたやきいもの形と画像を選択ツールで選び、クリッピングマスクをかけます。


そして、画像をのぼりの下部に配置すれば完成!


ペンツールで切り抜きをする作業は少し難しいので慣れる練習が必要です。

是非チャレンジしてみてください♪

オーダーのぼりドットコム林がお届けしました。





働くヒト ブログランキングへ
プロフィール
管理者:オーダーのぼりドットコム店長@西山



所属していた部活:吹奏楽部
好きなアーティスト:嵐♪
映画:ストロベリーナイト
私の特徴:マイペース

オーダーのぼりドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。
お客様と一緒に、より良い商品を作って参りたいと思いますので、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。
2017年 08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事