カテゴリー: デザインのテクニック

イラレで作る集中線の作成方法

2017年09月21日
こんにちは。
オーダーのぼりドットコムの林です。

今回はスピード感を感じる「集中線」の書き方をご紹介します。

集中線↓


マンガで、驚きや、スピード感を出すときに背景やフキダシのようにして使われていますよね。
SALEや感謝祭といったイベント宣伝のデザインにも使えそうです。




<作成方法>

1、直線を描く
※線をコピペして適当な数の線を作成


2、「オブジェクト」メニュー/変形/個別に変形


回転の角度を入力し、「ランダム」にチェックを入れてOKをクリック


※数値を大きくするほどばらつきを大きくすることができます。


3、「整列」で中心をそろえる


4、「パスファインダ」パネルの「アウトライン」を適用


5、両端を細くした線を作成


6、5のオブジェクトを選択して「ブラシ」パネルへドラッグ
 「新規ブラシ」ダイヤログで「アートブラシ」を選択



7、「ブラシオプションダイヤログ」を設定してOKをクリック


8、集中線に作成したブラシを適応


9、集中線を回転コピーして「線幅」を調整


10、「消しゴムツール」などで不要な部分を削除


完成

ぜひ試してみて下さい♪

オーダーのぼりドットコムの林がお届けしました。

アクアボタンのつくり方

2017年08月31日
こんにちは。
オーダーのぼりドットコム、デザイン担当の林です。

今回は「アクアボタン」の作成方法をご紹介したいと思います。
アクアボタンとはこんな感じのイラストのこと↓


よく検索窓やサイトのボタンで見ますよね。
一見、作るのが難しそうと思いますが意外と簡単に作れます!

さて、その作り方ですが

1.線を描き、[線]パネルで端を丸くします


2.この線をコピペして前面にペースト、線幅を細くして上へ移動させます


3.線をアウトライン化し、それぞれにグラデーションを設定する


文字を入れればボタンの完成!


<まめ知識>

・グラデーションを垂直に設定する方法

[グラデーション]パネルの[角度]に[90°][-90°]のいずれかに設定する


※[Shift]+ドラッグでの垂直にグラデーションがかけられます

参考にして頂けるとうれしいです。

オーダーのぼりドットコムの林がお届けしました。

デザインは書体と配色で変わる!

2017年07月20日
こんにちは、オーダーのぼりドットコムの林です。
今日はデザインについてちょっとご紹介します。

のぼりのデザインをする上での重要なポイントは「書体」や「配色」です。
同じ内容でも「書体」や「配色」を変えると全く違ったデザインに見せることができます。




例えば、下図ののぼり


書体、色を変えて
「お得な感じ」「老舗っぽい感じ」「かわいい感じ」「高級な感じ」
の4種類のデザインを作ってみました。




まずは
「お得な感じ」


赤と黒の配色で、書体は勘亭流を使いました。
赤は目立つ色なので良くのぼりに使用されますが
特にセールのような注目を集めたい場合や
禁止を促すものに使われることが多いです。

太くて丸みのある書体を使うことで親しみやすさを感じますよね?
黄色を使うとよりお得感がでます。


次ぎは
「老舗っぽい感じ」


濃紺ベースに、達筆な筆文字を選びました。
濃紺は、昔からのれんやのぼりに使われてきた色で日本人が好きな色です。
落ち着いた色から老舗感が感じられるはず。
背景に柄を入れると、より和風な印象になります。

3つ目は
「かわいい感じ」



淡いベージュと茶色の配色で
特徴のある「すずむし」という書体を使用しています。
文字の形がかわいいですよね。
濃い色よりも淡い色のほうが、かわいい雰囲気を作りやすいですよ♪
柄を入れるとよりかわいい感じになります。
写真が入ると販売している商品が一目瞭然で分かりやすいですね。


4つ目は
「高級な感じ」


黄土色と黒色の配色で、やわらかい印象の行書体を使っています。
黄土色は金色のようにも見えますよね。
そこに黒を入れると引き締まって見えませんか?
こちらも写真や柄を入れることで、より高級感を出すことが出来ます。


4種類を並べてみると

書体や色を変えると雰囲気が変わりますよね。
みなさんは、どのパターンがお好みでしょうか?

オーダーのぼりドットコムの林がお届けしました。

プロフィール
管理者:オーダーのぼりドットコム店長@西山



所属していた部活:吹奏楽部
好きなアーティスト:嵐♪
映画:ストロベリーナイト
私の特徴:マイペース

オーダーのぼりドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。
お客様と一緒に、より良い商品を作って参りたいと思いますので、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。
2017年 10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事