1. ホーム  > 
  2. 集客と色の関係 > 
  3. テーマ「目立つ配色」

集客と色の関係

「色」は商品を宣伝、販売する上で重要な要素のひとつです。

テーマ「 目立つ配色

看板やのぼりなどは、誘目性(目立つこと)の強い配色にして注目を集める事が重要です。そのためには、なにより色を利用することが大切です!さて、今回は「どんな配色が目立つのか」、「なぜその配色が目立つのか」をご紹介します。

■目立つ色の組み合わせ

純色には少なからず派手なイメージがあります。したがって純色を中心として鮮やかな色を組み合わせる事で目立つ配色をつくることができます。ですが、純色でも組み合わせる色によっては見にくい配色や目立たない配色もあり、どの色とどの色を組み合わせるかが重要です。

純色 とは、

白や灰色、黒を一切含まない色のことをいいます。全ての色の中で最も純粋で主張の強い色です。
他のどんな色よりも強い配色ができ活動的なイメージにぴったりです。
※純色は強い色なのでセーブが難しい。

補色 とは、

色相環で正反対に位置する関係の色の組合せのことをいいます。
例えば、「赤 / 緑」「橙 / 青」
「黄 / 紫」など。余色、対照色、反対色ともいいます。

■組み合わせのポイント

①補色関係の色同士の組み合わせ ②明度差のある色同士の組み合わせ
※特に赤と黄は純色の中でもひときわ目立つ色です。この2色の使い方で、派手さの度合いを変えることができます。

■純色に白や黒を加えると・・・

色が薄くなったり濁ったりします。色のトーンを上げるとやわらかな雰囲気になり、トーンを下げると落ち着いた渋い感じになります。白や黒を含まない純色の組み合わせは強い印象を与えるのでとても目立ちます!図をみれば一目瞭然ですね♪

トーン とは、

明度(明るさ)と彩度(鮮やかさ)の二つの属性をまとめて、形容詞で表現したものです。
上図のように色相を変えずにトーンを変えることを「トーン移調」といいます。

■一番目立つのぼりは?

いかがでしたでしょうか?
どの色を組み合わせれば、文字が読みやすかったり目立つか、
なんとなくお分かりいただけましたでしょうか?

ではのぼりの場合
読みやすくかつ目立たせるためには具体的にどのような配色がよいのでしょうか?

当店では実際に様々な配色のパターンののぼりを作り、どののぼりが目立つか実験してみました。
こちらをご覧ください。
↓↓↓



オーダーのぼりドットコムが選ばれる10の理由

通常便7日特急便3日 価格明瞭 豊富な商品ラインナップ デザインサポート エクセルやワードのご入稿もOK! 安心の入稿確認 交換保証 迅速丁寧な対応 手数料当社負担 3年間データ保管

ご利用ガイド

700以上のデザインから選べます!
このWEBサイトはCO2削減に貢献しています。
SSL グローバルサインのサイトシール

当サイトでは、安全性の証明とプライバシー保護のため、
SSL暗号化通信を採用しておりますので安心してご利用下さい。

このWEBサイトはSECURITY ACTIONの一つ星を宣言しました

MY PAGE ログイン

新規会員登録はこちら

のぼりポールの組み立て方

のぼりポールと立て台の適合表

納期と品質に絶対の自信 私たちが心を込めてのぼりをお作りします!

部門紹介


のぼりの製作に携わるスタッフがお役立ち情報を発信。

お客様相談窓口

のぼりの製作はハクロマークに!

0120-896-092

受付時間9:00~18:00

TEL(079)281-8898
FAX(079)281-7062

オーダーのぼりドットコム
【運営】
株式会社 ハクロマーク製作所
兵庫県姫路市西中島284-8

おかげさまで顧客大満足度84% 2018年度

facebookページへ

twitter

pinterest