1. ホーム > 
  2. 補色配色でインパクトのあるデザインに!

集客と色の関係

「色」は商品を宣伝、販売する上で重要な要素のひとつです。

集客と色って関係あるの!?そう思われる方、必読です!!

人を引きつける色や目立つ色、色本来の意味などをご紹介しながら
色がどれくらい集客に影響を与えるものなのか、 カラーコーディネータの目線でお届けいたします。お客様の集客のヒント、今後のデザインの参考になれば幸いです。

今回のテーマは「補色配色でインパクトのあるデザインに!」

「補色」とは、色相環で反対側にある色同士のことです。色相の差が大きいため、インパクトが強く、目立つ配色といわれています。以前「補色を上手く利用した配色のテクニック」
ご紹介したことがありましたね?
補色を上手く利用すれば目立って効果的な広告物が出来ます。
では、補色であればどんな色の組み合わせであっても目立つのでしょうか?
ここで、下の2つののぼりを比較してみてください。

12色相環・補色

問:「×」配色と「×」 配色では、
どちらが見やすいでしょう?

答え

  • 見にくい配色
  • 見やすい配色

もちろん、右側の「黄×紫」配色ののぼりの方が見やすいですよね?

「赤×緑」配色ののぼりは目がチカチカして文字が読みにくいです。
これは、彩度の高い色同士を組み合わせると、色の境目がちらついて起こる現象で「ハレーション」といいます。
このような配色は文字が読みにくく不快感を与えることもあります。

このように、補色同士であれば、どんな色でもインパクトがあり、目立つという訳ではないので、色を選ぶ際には、ハレーションが起こっていないか、読みやすい組み合わせかどうか、ということにも気をつけましょう。

Point!

ハレーション
解決する方法

ハレーションを解消するには、白(※色によっては黒)を、
色と色の間に挟みます。
すると無彩色がクッションになって読みやすくなります。
しかし、デザインによっては白や黒を挟むとデザインの雰囲気が
壊れてしまう場合がありますので注意が必要です。

カラーイメージ

見にくい配色に
白色を挟んだパターン

色の豆知識

「黄×紫(赤紫)」配色は日本では、ある標識に使われています。何だかご存知ですか?
答えは「放射能」です。
日本工業規格(JIS)により放射線発生装置及び放射性物質を使用する場所では右図の標識の掲示が義務づけられています。

放射能標識

ちなみに、この「黄×紫」配色は、有彩色同士の組み合わせで最も視認性の高い配色です。また、黄色は誘目性も高いため、注意喚起にはとても適しているといえますね。

いかがでしたか?補色を使うとインパクトのある目立つのぼりが出来そうですね?
ですが、見えにくい配色になってしまうこともありますので、ハレーションを起こさないように彩度に気をつけて、おしゃれでしかも目立つのぼりで集客しましょう!



オーダーのぼりドットコムが選ばれる10の理由

通常便7日特急便3日 価格明瞭 豊富な商品ラインナップ デザインサポート エクセルやワードのご入稿もOK! 安心の入稿確認 交換保証 迅速丁寧な対応 手数料当社負担 3年間データ保管

ご利用ガイド

700以上のデザインから選べます!

お客様が当店を選んだ理由

  1. 新着!

    サイオステクノロジー株式会社 三田様 東京都港区

    ご対応いただいた方のレスポンスが早く、お電話もいただき相談に乗っていただけたので
    続きを読む>>

  2. 新着!

    霊犀亭うちの小さなお蕎麦屋さん 柴田様 千葉県佐倉市

    いつものぼりを作ってもらっているので
    続きを読む>>

  3. 新着!

    山広運輸株式会社 加藤様 千葉県船橋市

    前にも利用させていただいて、好印象だったので
    続きを読む>>

他にもたくさんのお声を頂いています。
その他のお客様の声を見る>>

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています。
SSL グローバルサインのサイトシール

当サイトでは、安全性の証明とプライバシー保護のため、
SSL暗号化通信を採用しておりますので安心してご利用下さい。

MY PAGE ログイン

新規会員登録はこちら

納期と品質に絶対の自信 私たちが心を込めてのぼりをお作りします!

のぼりポールの組み立て方

のぼりポールと立て台の適合表

部門紹介

お客様相談窓口

のぼりの製作はハクロマークに!

0120-896-092

受付時間9:00~18:00

TEL(079)281-8898
FAX(079)281-7062

オーダーのぼりドットコム
【運営】
株式会社 ハクロマーク製作所
兵庫県姫路市西中島284-8

おかげさまで顧客大満足度84% 2017年度

facebookページへ

twitter

googleplus