1. ホーム > 
  2. 和風なデザインののぼり

和風なデザインののぼり

和風なイメージをデザインする

和風なのぼり

おしゃれなお店ですね。
レンガ基調の洋風なカフェのようです。

このカフェであなたが働いているとして、オーナーに、
「冬の寒い時に、ぜんざいののぼりを出そうと思うんだけど」と相談されたとします。
あなたならどうされますか?

「こんな洋風な建物で”ぜんざい”ののぼりなんて、違和感がありますよ。”オムライス”ならまだしも」
「そもそもお店の雰囲気に、のぼりは合わないでしょ~」

オーナーがこれを聞いたら、心が折れてしまうかもしれませんね?
でも、こんなのぼりなら、いかがですか?
↓↓↓

和風のぼりを立てた外観

たとえ洋風なお店でも、
ぜんざいという「和風」な感じが出せて、しかも建物に合ってませんか?

こんなのぼりが立っていたら「ちょっと温かいぜんざいでも食べていこうか」と
お客様も入りやすくなりますね。

和風なのぼりのデザイン例

和風なのぼりのデザイン例

のぼりというモノ自体が元来「和風」「日本的」なものですから、
あまり気を使わなくても自然と和テイストにはなります。
より「和風のデザイン」にしようと思ったら、
配色よりも、まずは書体に気を配ると良いでしょう。
オススメの書体は何といっても「筆文字」「隷書帯」「勘亭流」。
勘亭流の文字などが入ると「それで洋風なデザインにして」と言われても「無理~!」というくらい
和風になります。
特にその書体でなくても「日本語」を「縦書き」で入れるだけで和風なデザインになります。
▼書体一覧はこちら

和風な配色については、
こちらのページが参考になります。
↓↓↓


ご覧いただければお分かりの通り、全体的に彩度を抑えた色が多く、
自然と調和するような柔らかな印象を受けます。
季節に合わせて配色を変えるというのも日本古来の特徴のようで面白いですね。

また、のぼりではありませんが、昔から行事の際に使用されてきた「幕」の色にも
和風配色のヒントがございます。
↓↓↓


短調な色使いの中にも、「日本」を感じますね。

和風配色の特徴としては、
・あまり色数を使わないこと。(大漁旗風は例外として)
・もしくは色を賑やかしく使う。(大漁旗のように和柄を散らす)
・赤・紺・黒・深緑のような、昔から神社のぼりで使用されている色を使う。
・白を効果的に使用する。
・オレンジでもくすんだ橙色。赤でもエンジ色といったように、くすんだ色を足すと和風っぽくなる。
・格子柄、波、市松模様、など和柄を取り入れる。
などがあります。

いかがでしたか?
のぼりのデザインの参考になれば嬉しいです!
当社のデザインサンプルもご参考になさって下さい。
デザインサンプルのページへ

のぼりを作るにあたって、ご注文前にデザインの相談をされたい方のために
デザイン相談も行っております。デザイン相談のページへ

お気軽にご相談下さいませ。

オーダーのぼりドットコムが選ばれる10の理由

通常便7日特急便3日 価格明瞭 豊富な商品ラインナップ デザインサポート エクセルやワードのご入稿もOK! 安心の入稿確認 交換保証 迅速丁寧な対応 手数料当社負担 3年間データ保管

ご利用ガイド

700以上のデザインから選べます!
このWEBサイトはCO2削減に貢献しています。
SSL グローバルサインのサイトシール

当サイトでは、安全性の証明とプライバシー保護のため、
SSL暗号化通信を採用しておりますので安心してご利用下さい。

このWEBサイトはSECURITY ACTIONの一つ星を宣言しました

MY PAGE ログイン

新規会員登録はこちら

のぼりポールの組み立て方

のぼりポールと立て台の適合表

納期と品質に絶対の自信 私たちが心を込めてのぼりをお作りします!

部門紹介


のぼりの製作に携わるスタッフがお役立ち情報を発信。

お客様相談窓口

のぼりの製作はハクロマークに!

0120-896-092

受付時間9:00~18:00

TEL(079)281-8898
FAX(079)281-7062

オーダーのぼりドットコム
【運営】
株式会社 ハクロマーク製作所
兵庫県姫路市西中島284-8

おかげさまで顧客大満足度84% 2018年度

facebookページへ

twitter

pinterest