教えて!のぼりQ&A

のぼりの生地はポンジ以外に色々あるのですか?

はい。 「のぼり旗」の生地として最も一般的なのはテトロンポンジですが、他にも生地がございますのでご紹介いたします。

【テトロンポンジ】
街中ののぼりのほとんどはこの生地で作られている、と言ってもいいくらいのぼりの生地としてはスタンダード。
ポリエステル100%の化繊素材で軽くて薄く、その分裏抜けや発色がよく安価です。

テトロンポンジを使用した商品は、こちらをご覧ください。
のぼり旗
スタイリッシュのぼり
スウィングバナー
Pバナー
ミニのぼり旗
ジャンボのぼり
のぼり旗

【エコポンジ】
ペットボトルから再生したリサイクルポリエステル繊維を50%以上使用したエコマーク商品で、環境にやさしいポンジ生地。普通のポンジと比べると少し単価が高くなります。

サイトではご案内しておりませんが、お問い合わせいただけましたらすぐにお見積りさせていただきますので、お気軽にご連絡くださいませ。

関連記事


【テトロントロピカル】
テトロンポンジと同じ、ポリエステル100%の平織りの生地です。

違いは糸の太さがポンジの2倍ということで、耐久性に優れています。
ただその分、インクの裏抜けが悪く、表より薄くなるのがデメリットです。だいたい表の色の60%程度の発色になります。

サイトではご案内しておりませんので、ご希望の場合はお手数ですがご連絡いただけますようお願いいたします。


【ツイル】
平織りのテトロンポンジに対し、テトロンツイルは綾織りの生地ですので縦横の引っ張りに強く、耐久性のある生地です。
またシワになりにくく、光沢もあるので高級感があります。

印刷ではなく染めるので発色が良く、裏までしっかり色が付き、色あせもしにくいので長持ちします。


【エステル葛城(かつらぎ)】
綿の葛城に似せて作った、テトロンポンジと同じポリエステル100%の綿風生地です。
厚くて丈夫な綾織りの生地で、斜めに走る目が特徴です。

和っぽいのぼりを少数枚あるいはフルカラーで作りたいといったような場合はぜひご検討なさってください。


【撥水クロス】
撥水加工がされた生地なので、水を弾いてくれます。
水を弾いてくれるのでのぼりが汚れにくく、色褪せを防ぐことができるので長持ちします。


ツイル、エステル葛城、撥水クロスを使用した商品は、こちらをご覧ください。
長持ちのぼり
長持ちスタイリッシュのぼり


【金巾】
神社や祭りののぼり等に使われる綿生地で、和風のイメージを出すにはお勧めです。

一色ずつ版を作り印刷するため、5枚からの製作となります。

また、グラデーションや細かい柄の印刷は出来ないなどの制約があります。
このようなデザインの制約はございますが、化繊(テトロンポンジ)ののぼりに比べると生地が分厚く、耐久性が増します。

色持ちにつきましても、印刷方法がダイレクト昇華印刷と違い、捺染プリント(顔料プリント)ですので、テトロンポンジより良くて、一年くらい持つ場合もあります。

ですので、金巾は、和のイメージで、長く使用されたい方にお勧めの生地です。



金巾を使用した商品は、こちらをご覧ください。
綿のぼり

【天竺】
金巾より厚手の綿素材です。金巾に比べ糸が太く、丈夫な生地になります。
ですので、高さ4〜5メートルの大きな神社のぼりにも使われます。

金巾と天竺の違いはこちらをご覧ください。
http://www.order-nobori.com/qanda/detail77.html

天竺は、サイトではご案内しておりませんので、お問い合わせいただけましたら、すぐにお見積りさせていただきます。

なお、ご注文前にお手にとってご確認いただける生地見本帳をご用意しております。
基本色が45色印刷された色見本にもなっておりますので、ぜひ、お確かめください。

生地見本請求は、こちらからお願いいたします。
https://www.order-nobori.com/kijisample.html
のぼり生地見本帳

このご質問は役に立ちましたか?