HOME > 2017年08月

2017年08月

和の雰囲気を出す綿のぼり

2017年08月03日
こんにちは!
オーダーのぼりドットコムの河野です。

続けてご説明させていただいております
「のぼりの種類について」のシリーズが
後半戦に突入しました!!

今日ご紹介する第五弾は
和のイメージを出せる綿のぼりです!

●綿のぼりの特徴
・綿生地を使用
・耐久性が優れている

綿のぼりは
金巾という綿生地を使っているので
神社やお祭りなど
和風の雰囲気を出すのに
ピッタリののぼりです。

また綿のぼりにお勧めのポールもございますので
セットでご使用いただくと
さらに和のイメージを強く出すことができますよ♪

耐久性について
環境により大きく変わりますが
通常のぼりの生地ポンジは
屋外に出しっぱなしで約3ヶ月
綿のぼりの生地の金巾は
ポンジに比べて分厚いので
約1年もちます。

長持ちさせるためには
営業時間外や悪天候時には
屋内にこまめにしまうことが
ポイントになります!
長持ちさせるポイントは
綿のぼりのみではなく
他ののぼりにも言えることですので
ぜひお試しくださいませ。

●綿のぼりの生地について

綿のぼりは金巾という生地を使っています。
金巾はやわらかい手触りが特徴の綿生地です。

どんな生地か気になる方は
ぜひ無料の生地見本帳をご請求くださいませ。
生地見本帳のご請求はこちらです。

●印刷方法について

大きな版を色数だけ作り
捺染インキで1色ずつ印刷する
捺染プリントという方法です。

大きな版を作るので
同じのぼりをたくさん作る場合に適しますが
少ない枚数には割高になります。

そのため綿のぼりは
10枚以上からのご注文を
お勧めしております。

またこの印刷方法は
デザインにつきまして
写真やグラデーションを入れられない
細かい柄が出せない
といったデザインの制約があります。

ただ生地をポリエステル100%の
エステル金巾にして
印刷方法を昇華転写に変更すれば
1枚からご注文いただけて
さらにデザインの制約もありません。
気になる方は
お気軽にお問い合わせくださいませ。

●価格について
綿のぼりはサイズと枚数、
色数(4色まで)によって価格が変わります。

印刷方法と金巾の性質により
色と色の間に白いフチをつけます。
サイトでご案内している価格表は
白いフチが入る場合の価格となります。

白いフチを入れない場合
デザインによっては
金額が変わることもこざいますので
お問い合わせくださいませ。

和の雰囲気を出す綿のぼりを作ってみませんか?

オーダーのぼりドットコムの河野がお届けしました!

イラレのちょっと使える裏技

2017年08月08日
こんにちは。
オーダーのぼりドットコムの林です。

うだるような暑さが続きますね。
睡眠をとっても暑さのせいで疲れが取れていないような気がしますが
この「うだる」という言葉、どういう意味がご存知ですか。

なんとなく、とても暑いときに使うイメージですが、、、

ちゃんとした意味を知らなかったので調べてみたところ
「うだる」は「茹だる」と書くようです。漢字を見ると納得ですね。

なんだか茹でられているような気持ちになってきましたが、もうすぐ連休です!
(お仕事の方もいると思いますが)

連休明けに「仕事が山積み」なんて悲惨なことならないように
暑さに負けずがんばりましょう!

さて、今回は「歪んだ四角を一瞬で直す方法 」をご紹介します。

デザインをしていて、気が付くと「四角が歪んでしまっていた、、、」ってことありませんか?


長方形ツールで書き直せばいいのですが、でも何だかちょっと面倒くさい。
書き直さず戻せれば一番いいですよね。
そんな時はこの方法がオススメです♪




1、歪んだ四角を選択した状態で、「オブジェクト/パス/段落設定」





3、 行・列の段落を「1」にして[OK]をクリック



歪んだ形が長方形に直りました。


「段落設定」では他に四角と四角の間隔を設定できたり
四角のサイズ変更もできます。



ご参考になりましたか?お役に立てば幸いです。

オーダーのぼりドットコム、デザイン担当の林がお届けしました。

イラレのちょっと使える裏技

2017年08月09日
こんにちは。
オーダーのぼりドットコムの林です。

巨大な台風も過ぎ、相変わらず暑い日が続きますね。
連休は家族サービスで旅行に行かれる方も多いと思いますが
心配なのが熱中症です。

水分をとっていても塩分もとらないと熱中症になるようですよ。
くれぐれもお気をつけください。




さて余談はさておき、
今回は「合成フォントの作り方」についてご紹介したいと思います。

合成フォントは2つ(またはそれ以上)の書体を組み合わせて作成します。

たとえば、
漢字は『「○○ゴシック」がいいけど、ひらがなは「○○明朝」にしたい』
思ったことはありませんか?

短文なら文字ごとに書体を変えることもできますが
長文になると、とても大変です。
それに変え忘れるミスも起こりかねません。

「合成フォント」は、こういった悩みを解決してくれます。
時短にもなるのでとってもお勧めですよ♪

では、その合成フォントの作り方をご紹介します。




1.書式/合成フォント から「新規作成」





2.合成フォントの名前をつける
今回は「ゴシックMB101 R」と「黎ミンR」を組み合わせてみましょう。


3.「漢字」「かな」「全角約物」「全角記号」「半角欧文」「半角数字」の
書体を選んで[OK]をクリック






これでフォントに作成した合成フォントができました。





後はテキストデータに合成フォントを選ぶだけ!


あらかじめ合成フォントを作成しているといつでも使用できます。
一度試してみてくださいね。

オーダーのぼりドットコム、デザイン担当の林がお届けしました。

プロフィール
管理者:オーダーのぼりドットコム店長@河野



所属していた部活:テニス部・水泳部
好きな俳優:ジョニー・デップ
映画:パイレーツオブカリビアン
自慢できることは?:
簡単なラテアートができること!今は…(笑)

オーダーのぼりドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。
お客様に安心してご注文いただけるよう
とことんお付き合いいたします!
明るい電話対応を心がけておりますので、
お気軽にご連絡くださいませ。
<< 2017年 08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事