HOME > 2018年10月

2018年10月

のぼりを「思いどおりの色」で作る方法

2018年10月11日
『色指定』で、色ブレなし!
それが “敏腕営業マンのぼり”づくりのコツ




はじめまして、前田です。
オーダーのぼりドットコムッ子になってまだ4ヶ月の新人です。
今までデザイン業界で広告や広報、サイン、ディスプレイ制作を20年続けてきた結果、
『通行人に一番訴求力のある広告は、のぼりだ!』と思い、今に至った次第です。

ということでデザイン担当の私は、『お祭りのぼり』や『クリスマスのぼり』『おせちのぼり』など、
年末商戦に向けてのオーダーのぼりで“ドッと混む”な毎日です。

「え?!もうみんな年末年始の準備を始めてるの?」と焦った方は、ご安心下さい!
当店は、原稿確認から1週間で製品をお届けできるので、まだま〜だ間に合います。
とはいえ、のぼりの原稿作りはそろそろ始めた方がいいかもしれません。

当店は、「Photoshopの原稿でも受付てくれるんだ!」「Excelで作ったイメージ図でもいいんですね!」と
感動されること、しばしば。取扱いデータが幅広いし、データと無縁な方の手描きFAXやお手紙も受付けています。
詳しくは下記のコーナーをご覧ください。

http://www.order-nobori.com/genkounyukou.html

いろんなデータを受付ているから故でしょうか。
データ入稿された(モニターのみで原稿確認された)お客様から
「ウチで出力した紙(ウチで見た画面の色)と届いたのぼりの色が少し違うんです」
というお声をたま〜〜〜に頂きます。

こういうお声を下さる方は、きっとこうお考えなんですよね。
データ入稿した→データ(CMYKもしくがRGB)の数値どおりに出力される→
データが変化していないんだから、色が変わるわけがない!

この考え、実はブッブー!『不正解』です。

データは、出力機や出力素材によって色は変化します。

“データが化ける”怖さを私たちは知っているから、
「色見本ございませんか?」とお客様にしつこく食い下がってしまうのです。







とはいえ、「色見本と言われても…」と躊躇しますよね?

でもそんなに難しく考えないでください。
私たちが知りたいのは、お客様がどんな色を見ているのか、どんな色に仕上げたいのか。
お客様がイメージしている“理想色”が分かれば、なんでもイイんです!







色にこだわりがある方は、『色指定』をする!
『色指定』は、オーダーしてくださったお客様皆様にお返しするカラー原稿の左端に
『色指定』というコーナーがありますので、ここで指定してください。







色指定の方法は、プロの場合は『DIC』や『プロセスチャート』で。
一般の方の場合は、『パンフレット』『色紙』『打ち合わせに使った出力紙』『メンバーTシャツ』『封筒』などなど
身近にあるモノで色味が分かるものをご郵送ください。




私たちの『イメージ通り!その一言を目指して』という想いが暑苦しいだけのお客様もいらっしゃるでしょう。
「色合わせのために?いちいち郵送するの?」と面倒くさく感じる方は
是非、当店が無料配布している45色の「生地見本帳」をお使い下さい!

生地見本帳請求




顔色。声色。血色。音色。景色。色気。
色を使った熟語や慣用句は、昔から色々あります。
それは「色」が人の五感にさりげなく働きかけるものだから。

ましてや「のぼり」は、道行くお客様を呼び込んだり、消費意欲を掻き立てたる“営業マン”。
だったら好感度も、費用対効果もグーーーンと高い“敏腕営業マン”的のぼりを作りたいですよね。

よく働く“敏腕営業マンのぼり”は、テキトーなんかじゃできません!
のぼりは、紙の印刷と違う要素がたくさんあります。
せっかくのオーダーメイドのぼりですから、『色指定』というひと手間を大切に作りましょう。
http://www.order-nobori.com/nobori.html




のぼりのイベントセット

2018年10月18日
こんにちは!
オーダーのぼりドットコムの河野です。

今回は展示会や説明会など屋内のイベントにピッタリの
【のぼりのイベントセット】をご紹介させていただきます。

のぼりのイベントセットは、
「イベントなどで持ち運ぶ機会が多いので、持ち運び便利な商品はありませんか?」
というお問い合わせをたくさんいただいたことから誕生しました!

お客様のお声から、前回ご紹介させていただきました「折りたたみ式ポールスタンド」が新商品として登場したのですが、
もっと持ち運びしやすい商品がないか、「もっとあるはず!!」という気持ちで調べました。

いろいろ調べて、試した結果
なんと新商品の折りたたみ式ポールスタンドが、ポール用収納ケースに入るということに気がつきました!!

のぼりのイベントセットは、こちらをご覧ください。
↓↓
のぼりのイベントセット

【のぼりのイベントセット内容】
のぼり旗

3段伸縮2.5mのぼりポール(コンパクトタイプ)
 収納時:970mm・使用時:2,500mmまで伸びます

折りたたみ式ポールスタンド
 重さ700g

コンパクト用収納ケース
長さ1,000mm・のぼり旗収納ポケット付きです。

イベントセットは、収納ケース1個につき、
のぼり2枚・ポール2本・スタンド2台まで入ります!
ぴったり2セット収納できた時は、すごく感動しました(笑)

収納ケース1つで、コンパクトにまとめられるので電車やバスの移動にも便利です。
また、ポールやスタンドは、組み立てもとても簡単なので、ぱっと組み立てて、さっと片付けもできます♪

持ち運び便利なのぼりのイベントセットは、いかがでしょうか?

イベントののぼりのご注文はこちらからお願いします。
↓↓
https://www.order-nobori.com/orderform/index.html?product_id=1

イベントのぼり

こちらのイベントセットは、お客様の声から生まれたので
これからもお客様からいただく声を大切に、お客様のご要望にお応えできるようがんばってまいります!
どんな些細なことでもお気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせはこちら
↓↓
https://www.order-nobori.com/toiawase.html

オーダーのぼりドットコムの河野がお届けしました!

<関連記事>
新商品!のぼりのスタンド
http://www.order-nobori.com/blog/home/archives/000239.html

のぼりの印刷

2018年10月25日
こんにちは。
オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤です。

今日はのぼりの印刷についてご紹介していきます。

のぼりの印刷ってどのような機械を使って印刷しているのか
あまり考えた事もない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
のぼりはあっちこっちいろいろな場所にたくさん立ってますが、
私も入社するまで、のぼりの印刷についてあまり気にした事はありませんでした。

どのような機械で印刷するかと言いますと、
もちろん布用の印刷機で印刷していくわけですが、
ややこしい機械でもなく、何と家庭用プリンターのでっかい版です。
しかし、その大きさは横幅約3.5メートルもあります!
初めて見る人はビックリすると思います。
のぼりを印刷する機械

でも3.5メートルの幅まで印刷出来るわけではなく、
印刷機の両サイドには色々な部品が付いてますので、
実際に印刷出来る最大の横幅は1.6メートル程になります。
のぼりを印刷する時はほとんどの場合、
1.3メートル程の幅の生地に、のぼりを2枚並べて印刷していきます。

そして縦の印刷出来る長さですが、
のぼりの標準的な長さの1.8メートルは当然出来ますし、
5メートルや6メートルといった長い物も印刷可能です。
でも長い物を印刷する時は途中で汚れたりしないか
ちょっとドキドキしながら印刷しています。

印刷を始める為にはまず印刷機に付いているヒーターの温度を220度まで上げます。
このヒーターの熱を加える事によってインクが生地に定着し発色します。
初めて見た時はビックリしたのですが、
ヒーターを通す前と後では色が全然違います。

そして印刷機の後ろに生地をセットして印刷開始です。
のぼりを印刷する機械の裏側
ここは家庭用プリンターと同じで
インクが出る部分が左右に動きつつ、生地を前へ送り出していきます。
そして印刷された部分がヒーター部分を通って、ヒーターの下で巻かれていきます。

この後は前々回のブログで書かれたように作業が進んでいきます。
(前回のブログ↓↓↓)
http://www.order-nobori.com/blog/home/archives/000237.html

最後に知っていただきたいのですが、
家庭用プリンターの紙に印刷するのとは違って布に印刷するので、
どうしても紙に比べたら少しにじんでしまいます。
紙ほどくっきりとは印刷できません。
少し離れて見る分には全く問題ありませんが、
あんまり細かすぎる字や絵柄は印刷する時に、
にじんで潰れてしまう事もありますので、
ご理解いただけたらと思います。

オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤がお届けしました。

のぼりのご注文はこちらから↓↓↓
http://www.order-nobori.com/

プロフィール
管理者:オーダーのぼりドットコム店長@河野



所属していた部活:テニス部・水泳部
好きな俳優:ジョニー・デップ
映画:パイレーツオブカリビアン
自慢できることは?:
簡単なラテアートができること!今は…(笑)

オーダーのぼりドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。
お客様に安心してご注文いただけるよう
とことんお付き合いいたします!
明るい電話対応を心がけておりますので、
お気軽にご連絡くださいませ。
<< 2018年 10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事