のぼりの種類について

2017年06月22日
こんにちは!
オーダーのぼりドットコムの河野です。

前回はデータ入稿について
ご説明させていただきましたが、
今回からのぼりの種類について
続けてご説明させていただきます。

のぼりの種類は
・のぼり旗
・長持ちのぼり
・スタイリッシュのぼり
・スウィングバナー
・綿のぼり
・ミニのぼり
・ジャンボのぼり
全部で7種類ありますが
今回はよく街で見かけるのぼり旗をご紹介します!

のぼり旗は
お店や商品をアピールするもの
イベントを告知するもの
観光地の目印となるもの
部活やチームを盛り上げるもの
というようにさまざまなシーンで使われています。

まずのぼり旗の生地について
のぼり旗はポンジという生地を使っており、
ポンジは薄くて軽いので風によくなびきます。
また裏までしっかり色がつくので
柄は反転しますが裏面からでも
内容がはっきり見えます!

どんな生地か気になる方は
ぜひ無料の生地見本帳をご請求くださいませ。
生地見本帳のご請求はこちらです。

実際に見て、触ってみてください♪

次にサイズについて
一般的なサイズは
幅600×高さ1800mmです。

この他にサイトでは
スリムな
幅450×高さ1800mm
小さめな
幅450×高さ1500mm
をご紹介しておりますが、
こちらのサイズ以外でも
お作りすることができます!

オリジナルでのぼりを作っておりますので
ご希望のサイズがございましたら
お気軽にお問い合わせください。

最後に価格について
色数によって価格が変わります。
のぼり旗の場合
7枚までは何色でも価格は変わりませんが
8枚以上になると色数によって価格が変わります。

色数はのぼりのデザインの中の
白色を除く単色(赤・青・黄色など)の数です。

グラデーションや写真をいれる場合は
写真入りの価格となります。

色数以外にも
サイズ、仕上げ方法、梱包形態、
納期、防炎加工の有無によっても
価格が変わります。

正しい価格は
自動お見積りをご利用いただくか
お問い合わせをいただければ
すぐにお見積りさせていただきますので
お気軽にご連絡ください。

以上よく街で見かけるのぼり旗について
ご説明させていただきました。

オーダーのぼりドットコムの河野がお届けしました!

のぼりのデザインお任せください

2017年06月20日
こんにちは!
オーダーのぼりドットコムの河野です。

前回、前々回と
データ入稿について
ご説明させていただきました。

データ入稿については
今回が最後です!

のぼりに入れたい言葉やイラスト
イメージは決まっているけど
自分でデザインを考えるのは難しい。

デザインサンプルも見たけど
たくさん種類があって
一つに絞るのが難しい。

今あるのぼりと同じデザインで
作ってほしい。

そんな方にオススメなのが
デザイナーズプランです!

前回ちらっとご説明しましたが
FAXオーダーシートで
お客様がイメージしているデザインを
手書きで簡単に書いたものを
送っていただきます。

また今持っているものと同じデザインにしてほしい
という方は現物を送っていただくか
真正面からはっきり見えるように撮ったお写真を
送っていただければこちらでデザインを起こします。

原稿作成費1点@4,000円で
お聞きしたのぼりの内容を基に
デザイナーが2〜3案ご提案します。

もちろん何度でも修正できますので
ご安心ください。

イラストやお写真がある場合は
お手数ですが
オーダーのぼりドットコムの
メールアドレスまでお送りください。

イラストやロゴは
イラストレーターのデータに
描き直す必要がある場合は
トレース料金1点@3,000円かかります。

デザイナーズプランいかがでしょうか?
デザイナーにお任せして
素敵なのぼりを作ってみませんか?

オーダーのぼりドットコムの河野がお届けしました。

のぼり印刷用インクと他のインクの違い

2017年06月15日
こんにちは。
印刷担当の岩澤です。

梅雨に入りましたが
ハクロマークがある姫路市は
良い天気が続いています。

雨が降ると移動がめんどくさくなるし、
蒸し暑くなるし、あまり好きではないですが、
農家の方にとっては
梅雨時に雨が振らないのは大変だそうで、
いろいろと難しいですね。

今日はインクについて
もう少し詳しく書いてみたいと思います。

ハクロマークでのぼりを印刷する時は
大きなインクジェットプリンタを使っていますが、
もちろん生地に印刷する専用のインクを使っています。



このインクは分散染料という染料をベースに作られています。
のぼり用の生地のポンジ等、
ポリエステルと相性の良いインクです。

あんまり物理的な難しい事はわかりませんが、
ポリエステルは細かい構造になっているそうで
普通の染料だと粒子が大きくて繊維の隙間に
入りにくく染色しにくいそうです。

分散染料だとそういった事もなく
高温で加熱する事で繊維の隙間に入り込み、
繊維に付着していきます。

こういった理由でポリエステルとの相性が良く
ポリエステルに印刷するインクは
だいたい分散染料が使われているそうです。


オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤がお届けしました。

のぼり印刷のインクとにじみ

2017年06月13日
こんにちは。
印刷担当の岩澤です。

前回のブログの中でインクのにじみについて少しだけ書きました。
(前回のブログ↓↓↓)
http://www.order-nobori.com/blog/home/archives/000156.html

どんな色でもキレイに印刷できたら良いのですが、
生地に印刷しているのと
インクを混ぜる事で色を表現しているので、
濃い色だとにじんでしまう事があります。

インクは家庭用プリンタと同じように
シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの4色です。
正確にはブラックは
シアン・マゼンタ・イエローの3色を
混ぜて黒を表現しています。
なので、メーカーや種類によっては
赤っぽい黒だったり、青っぽい黒だったりします。
ハクロマークで使っているインクの黒は
青っぽい黒みたいです。

この4色を他の色を混ぜずに
印刷したものが下の写真です。



これらのインクを混ぜて色を作っていきます。
例えば簡単な色だと
緑なら、シアン+イエロー
紫なら、シアン+マゼンタ
オレンジなら、マゼンタ+イエロー
と色を混ぜていきます。
色によっては3色混ぜたり4色混ぜるのですが、
混ぜすぎると下の写真のようになってしまいます。



こういう時はこちらでうまく調整して
印刷しますので、ご安心ください。
でも、ここまできたらほぼ黒なので
この色での仕事は来た事無かったと思います(笑)

オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤がお届けしました。

意外とデザインに使える「パターン」その2

2017年06月08日
こんにちは。
オーダーのぼりドットコム、デザイン担当の林です。

さて、前回の続きで「パターン」についてご紹介します。
今回は色の変更の仕方です。

まず、

スウォッチ/スウォッチライブラリメニュー/
パターン/ベーシック/ベーシック_点/




で点のパターンのパレットを出します。



使用するパターンをドラッグしてアートボードに取り出します。



点に色をつけます。



それをスウォッチに戻します。



このとき「塗り・線なし」の四角を必ず最背面にして
一緒にスウォッチに戻してください。


すると、色の変わったパターンが出来上がり!



選ぶとこの通り♪



是非、お試し下さい♪

オーダーのぼりドットコムの林がお届けしました。


働くヒト ブログランキングへ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >
プロフィール
管理者:オーダーのぼりドットコム店長@西山



所属していた部活:吹奏楽部
好きなアーティスト:嵐♪
映画:ストロベリーナイト
私の特徴:マイペース

オーダーのぼりドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。
お客様と一緒に、より良い商品を作って参りたいと思いますので、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。
2017年 06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事