韓国からやってきた使者!

2018年02月22日
いやぁ〜寒い日が続いておりますが、
昨日はパシュートで暑くなりました。

平昌オリンピック、盛り上がっておりますね!
1998年の長野の記録を塗り替え、最多メダル奪取!
素晴らしいです。

寒さも忘れるくらいですね。

その熱戦が繰り広げられている韓国ですが、
のぼりよりもよく目にする広告塔があるんです。

最近、日本でもよく目にするようになりました。
こちらです!



どうですか!?
すごい迫力です。

この画像のもので高さが3mあります。

大きいです!

これくらいあると結構遠くからでも、
よく目立ちます。

韓国の繁華街ではこのエアー看板が
ズラッと並んでいたりするそうです。

LED内臓なので、夜には、
電飾看板としても役立ちます。



こんなのがズラッと並んでいると、
明るくて繁華街自体も盛り上がりますよね。

勢いがあるお店っぽくていいですよね。

弊社の近くでも、焼肉屋さんとカレー屋さんで
この看板を出していますが、とにかく目立ちます。

「あ、あのでっかい看板があるとこね」

「あ、あの風船の看板があるとこ!?」

と、ちょっと近くを通っただけの人でも
その焼肉屋さんを知っています。

すごくないですか?

例えば、新しくお店を出すとします。

お店のことを周知させるには、
チラシを撒いたり、HPをアップしたり、
クーポンを作ったり、メール配信したり、、、
結構時間も費用もかかるものです。

でも、この焼肉屋さん、
このエアー看板を出しているだけで、
その前を通るひとの記憶に焼き付いていっています。
さすが焼肉屋さん(笑)!

たしかに、
「店の前に通行量の多い道がある」
という条件が付いているものの、
やみくもにチラシを撒くのではなくて、
通勤、通学でそのお店の前をよく通る人に
アピールが出来ています。

その費用対効果は高いかもしれません。
これはオススメいたします!

このエアー看板は、その名の通り、
空気で自立しています。



こんな送風機が下についていて、
コンセントから電源をとって、
風を送り込み膨らませています。

店先にコンセントさえあれば、
すぐに設置が可能です。

工事も必要ありません。
ほんとに簡単です。

これを試さない手はないですね。

この実力を知っている大手のカレーチェーン店では、
全店でエアー看板を展開しております。

メガネ屋さんや居酒屋さんのチェーン店でも見かけますね。
それだけ効果的という証拠ですよね。

じつはこのエアー看板、
オーダーのぼりドットコムでは、
残念ながらまだ取り扱いがありません。

すみません。。。

が、しかし、
姉妹サイトの不動産応援.comでは、
ご紹介ページが出来ておりますので、
是非こちらの詳細をご覧ください。

↓↓↓


https://www.fudousan-ouen.com/product/air.html

気になった方はお見積りさせて頂きますので、
是非ご一報を!







関連記事

インパクトのあるスウィングバナー



http://www.order-nobori.com/blog/home/archives/000178.html

のぼり印刷中のトラブル

2018年02月15日
こんにちは。
オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤です。

毎日同じ印刷機で何時間も印刷をしていると
時にはトラブルも起こってしまいます。

この前は急に生地が滑るような状態(正確には滑っているのではないですが)
になってしまいました。安定したスピードで生地が前に進んでいかないと・・・
下の写真のようになってしまいます。


これはわざと影みたいにしているのではなく、
印刷がずれてしまっています。

更に隙間が出来てしまって、
白い線がたくさん入ってしまう事もあります。


もちろんこんな状態で印刷しては商品にならないので、
業者さんに来ていただいて修理しました。

更にトラブルは起こります。
キレイに印刷する為に、いつも印刷を始める前には
ヘッド(インクが出る部分)をクリーニングします。
これはボタンを押せば自動でしてくれるのですが、
クリーニングをしてもキレイに印刷できなくなってしまいました。

こちらはクリーニングをするユニット部分が不調で起こってしまいました。
こちらも修理してもらいましたが、それまでは応急的な方法でしのいでいました。

2月になって半分くらいですが、
ちょっとトラブルが続いてしまいました。
そう言えば去年の今頃も大きなトラブルが起こっていた記憶が・・。

最初にも書きましたが時にはトラブルが起こってしまいます。
でもそのおかげでトラブルが起こった時の
対処法を知ったり見つけたり改善したりして、納得できる状態にしてきました。

トラブルが起こっても妥協せず、
全てのお客様に満足していただけるように
丁寧に印刷をしていきますので、安心してご注文していただけたらと思います。


オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤がお届けしました。

Illustrator−ブラシを登録してデザインを簡単アレンジ

2018年02月06日
こんにちは。
オーダーのれんドットコムの林です。

今年は本当に寒いですね。
弊社は兵庫県の南側ですので、まだ雪の影響はありませんが
関東や東北、日本海側の地域は大変そうですね。
荷物の配達ができない場合もあり、
ご希望の納期に商品がお届けできないことも、、、

先日、やり取りをさせて頂いた東京のお客様は
雪かきをしてから出勤されたと伺いました。

仕事にも影響が出るので、雪は「きれい」「楽しい」というイメージがある反面
大人になると「危険」「面倒」といったマイナスのイメージも否めませんね。
くれぐれも事故にだけはお気をつけください。

さて、そんな雪ですが冬の雰囲気を出すにはピッタリのアイテムです。

スキー場でのイベントの宣伝や、冬の旅行(ツアー)等の広告に
良いのではないでしょうか。

雪の結晶の作り方は以前ご紹介しました↓
http://www.order-nobori.com/blog/home/archives/000111.html

今回は、その雪の結晶をブラシに登録して自然に散らす方法をご紹介します。
1つずつコピペしてもいいのですが意外と自然に散らすのって難しんですよね。
登録の仕方はとっても簡単!

<手順>
まず雪の結晶を用意します。



雪を、[ブラシのパネルメニュー]にドラッグ


[新規ブラシ]ダイヤログで散布ブラシを選択してOKをクリック


[ブラシオプション]ダイヤログで
雪のサイズや間隔等の詳細を設定してOKをクリック




※この設定のときに[色彩]の方式を[淡彩]にすると
線の色がブラシに反映されて色を変えるのに便利です。


設定した雪の結晶のブラシを線に適応すると


同じ方法で別の形のブラシを作成し、雪の結晶と組み合わせてみると


これをのぼりにアレンジすると


同じ手順で桜を登録すると春にピッタリのデザインも簡単につくれますよ♪


是非試してみて下さいね。

オーダーのぼりドットコムの林がお届けしました。

<参考記事>
http://www.order-nobori.com/blog/ho me/archives/000111.html

綿のぼりのお悩み解決!

2018年02月01日
こんにちは!
オーダーのぼりドットコムの河野です。

今回は、綿のぼりに関するお悩みを解決します!

最近「綿のぼりを1〜2枚作りたい!」という方が多くいらっしゃいます。
ただ、金巾という綿の生地でお作りする場合、
大きな版を色の数だけ作って1色ずつ印刷する方法(捺染プリント)ですので、10枚からのご注文となります。
捺染プリントは動画でもご説明しておりますので、こちらをご覧ください。
↓↓
http://www.order-nobori.com/tigai.html#point01

では、「綿のぼり1枚は作れないのか…」と思いますよね?
大丈夫です!
「綿のぼりを1枚作りたい!」そんな方にお勧めののぼりがございます。
それは、【綿風のぼり】と【和風のぼり】です!!

【綿風のぼり】は、金巾という綿のぼりの生地にそっくりなエステル金巾という生地を使用したのぼりです。

綿のぼりと綿風のぼりの違いについて
・生地
エステル金巾は、金巾に似せたポリエステル100%の生地なので、綿ではありません。
・印刷方法
綿風のぼりは、転写紙と生地を重ね合わせて200度の高熱で転写する「昇華転写」という染めの方法になります。

見た目はそっくりですが、生地と印刷方法が違うため
綿風のエステル金巾は、やわらかな肌触り
綿の金巾は、パリッとした仕上がりになります。

綿のぼりは、大きな版を作るため、細かい柄やグラデーション・写真をお入れすることができませんが、
綿風のぼりは、そういった制約がありません。

次に、【和風のぼり】は、サイトにご案内しておりませんが、
「カツラギ」「厚手スラブ」「麻風生平」という3種類の生地を使ったのぼりで、
和の雰囲気を出したい方にはお勧めです!

綿風のぼりと同様、綿ではなくポリエステル100%の生地で、印刷方法は「昇華転写」ですので、
1枚からご注文いただけて、さらにフルカラーで細かい柄や写真などをデザインに入れることができます。



【綿風のぼり】【和風のぼり】の生地は、無料の生地見本帳をご用意しておりますので、
ぜひお手にとってご検討くださいませ。
↓↓
https://www.order-nobori.com/kijisample.html?cid=head

※エステル金巾をご希望の方は、お手数ですが、ご要望欄に「エステル金巾希望」と一言ご記入ください。

オーダーのぼりドットコムの河野がお届けしました!

<関連記事>
http://www.order-nobori.com/blog/home/archives/000179.html


4色だけで全てののぼりの色が出せるなんて

2018年01月25日
お湯が出ない!!

っていう今日の始まりでした。
日本列島凍えております。

どうも、オーダーのぼりドットコムの辻本です。

東京では-4°という、
何年振りかの寒波に襲われておりますが、
皆さまご無事でしょうか?

私の家はオール電化なんですが、
水道は普通に出たので、

「凍ってなかった良かったぁ〜」

と顔を洗おうと、お湯になるまで、
とりあえず手を洗っていましたが、、、

いつまでたっても水。

寒波の日の水道水は手の感覚を奪っていきます。

あれ???お湯が??

ということで、
お湯全開にしてみると、

ピタっと止まりました。

「あああ、これ、

 給湯器のどこかが

  凍ってるやつやん!」

と、寒波の冬を満喫しております。

そんな冬場は、暖をとるために、

コンビニにコーヒーを買いに行くのですが、

そこで、職業病でしょか、どーしても

のぼりをチェックしてしまいます。

先日のぼりを見てビックリしたことがあります。

それは、

「4色分解」です。

通常弊社では、のぼりを作る時、

●「昇華転写捺染」
●「捺染プリント」
●「ダイレクト捺染」

と3種類の印刷方法を使い分けております。

詳しくはコチラ
↓↓↓
http://www.order-nobori.com/tigai.html#point01

画像入りののぼりだと、通常は

インクジェット方式の「ダイレクト捺染」で印刷します。

ちなみにこんな機械です。
 ↓↓↓


これなら、画像入りののぼりでもキレイに
印刷が出来ます。

ご覧の通り
↓↓↓




でも、圧倒的に数が多くなると、

この方法では、とても時間がかかってしまいます。

コンビニなんかだと、

大手3社は約20,000店舗くらいあるので、

1店舗2枚ののぼりを使うとしても、

40,000枚必要になってきます。

それだけ大量の印刷をかけるには、

版を作って大量に刷っていく捺染プリントで

印刷をしたいところ。

でも、フルカラーだと版が作れない、、、、

実はそんなことないんです!

それを可能にしたのが、4色分解!

いわゆる通常の紙の印刷と同じ方法になるんですが、

CMYKと言われる、4色。

シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック(キーカラー)

この4色をかけ合わせて色を作っていこうということなんです。

なので4回刷ればフルカラーで印刷が出来るという方法。

雑誌など紙の印刷は全部これです。

各色を点の集合体で印刷をして、その割合で混色をするのです。

雑誌の写真をアップで見ると、点が集まっているのが分かります。

それをのぼりでやってしまおうということなんです。

これがそののぼり



超アップにしてみると、



わかりますか!?!?

点々が集まって色が作られているのが。

遠く離れると混ざって見えるんです。



でも、紙と生地とはやっぱり違う。

生地はにじみがあるし、生地の目があるし、

どうしても1つの点が大きくなってしまうんです。

4色分解したのぼりを見ると、

ルーペを使わなくても、肉眼で点の集合体が

すぐにわかるので、あまりキレイではなかったんです。

が、

が、

が、しかし、

最近では、ダイレクト捺染ののぼりだろうなぁ〜

と思っていた画像入りののぼりが、

よーく、よーく、よーく、見ると、実は4色分解の

捺染プリントだったりするのです。

先日、コンビニで見た焼肉の画像が入ったのぼり。

どう見ても美味そうでした。

いや、すみません

どう見てもダイレクト捺染でした。

が、何回か店に足を運んでいるうちに、

あれ???

これ、4色分解じゃん!!




って気づくというね。

そんなびっくりがあったという話でした。

確実に技術は進歩しています!

なので、暖かい冬ももうすぐですよ!

それではまた!










関連記事

のぼりの作り方
http://www.order-nobori.com/blog/home/archives/000012.html

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >
プロフィール
管理者:オーダーのぼりドットコム店長@西山



所属していた部活:吹奏楽部
好きなアーティスト:嵐♪
映画:ストロベリーナイト
私の特徴:マイペース

オーダーのぼりドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。
お客様と一緒に、より良い商品を作って参りたいと思いますので、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。
2018年 02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新記事