HOME > のぼりの製作や生地について > のぼりで細かい文字を印刷

のぼりで細かい文字を印刷

2019年12月12日
こんにちは。
印刷担当の岩澤です。

今回は小さな文字を印刷した場合
どれくらいの大きさまでなら読めるのか
についてご紹介していきます。

どんな文字でも問題なく印刷できたら良いのですが、
布に印刷するので、どうしてもにじんでしまう事があります。

特にミニのぼりは
どこにでも置けて便利な面はありますが
生地の面積が小さい分、印刷する文字や絵柄ももちろん小さくなり
あんまり細かすぎると文字が潰れてしまいます。

限られた面積でどれくらいの大きさの文字なら
読めるのか、気になる方もいらっしゃいますよね。


まずは実際の印刷物を見た方が
わかりやすいと思いますので印刷してみました。

小さい文字の印刷
<白地に黒い文字で印刷>

1番上の文字は約1センチの大きさです。
そこから下になるにつれて
2ミリずつ小さくしてみました。
1番下の文字は片仮名の部分は読めますが
「製」の文字は潰れてしまって読みにくくなってしまいました。
こういった画数の多い文字は要注意です。


今度は背景を黒にして、白抜き文字で印刷してみました。

小さい文字の印刷白抜き
<黒地に白抜き文字の印刷>

白抜きにすると文字の周囲のインクが
少しにじんでぼやけてしまいます。
1番下の文字の片仮名はギリギリわかりますが
漢字はかなり読みにくくなってしまいました。


次は背景の色を藍色にしてみました。

小さい文字の印刷白抜き2
<藍色に白抜き文字の印刷>

藍色は黒に比べて更にぼやけた感じになります。
1番下の文字は何か白いものがあるな〜くらいで読むのが難しくなり、
その上の文字も細くなってしまいました。
普通の大きさののぼりなら、
少しくらいぼやけても気になりませんが、
細かい印刷だと目立ってしまい
読めなくなる事もあります。

ご覧の通り、同じ大きさの文字でも
色や文字や書体によっても違ってきて
実際に印刷してみないとわからない場合もあります。

文字を大きくすれば解決できる事が多いですが、
デザイン的に変更できない事もありますよね。
もし気になるようでしたら、お気軽にお問い合わせください。
実際に印刷して、写真を撮ってメールで送る事もできます。

オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤がお届けしました。

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:オーダーのぼりドットコム店長@西山



好きなアーティストは?:嵐♪
学生時代の部活は?:吹奏楽部
好きな映画は?:「ストロベリーナイト」
私の特徴を一言で!:マイペース
自慢できることは?:アラフェスに当選し国立まで行った事

オーダーのぼりドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。
お客様の思い通りののぼりが出来るよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思いますので、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。とことんお付き合いいたします!
<< 2019年 12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事