HOME > 2018年12月

2018年12月

「目立つのぼり」の作り方

2018年12月06日
こんにちは、前田です。
『もう、師走かぁ〜』と思っていたら、もう6日も過ぎてしまいました。
早いですね、1年って。

皆さんはどんな1年でしたでしょうか?
私はオーダーのぼりドットコムで、
たくさんのお客様ののぼりをデザインさせて頂き、
とっても楽しい1年を過ごさせて頂きました。

ご注文下さった皆様、本当にありがとうございます!
また来年もご注文下さったお客様のやりたいことを
そっと後押しできる『黒子で居たいなぁ』と思っています。
どうぞ宜しくお願いします。

さてと、今回の本題へ参りましょうか。
『目立つのぼり』の作り方というよりは、
厳密には『目立つのぼり案』の見極め方
という方がシックリ来るかもしれません。

まずは、
「のぼり」を作ろうとご検討の方、
「のぼり」を作ったけど反響が薄かった方へ、
質問です!

1.「のぼり」をどこに立てますか?
2.「のぼり」を立てる場所とその周辺環境をご存知ですか?





1と2の質問は、一見すると当たり前のことで、
デザインの決定に何があるのか?と思いますよね。
でも、実はかなり大事なことなんです!

なぜなら、デザインを決める時は大抵の人が、
机の上の出力紙やパソコン(スマートフォン)のモニターを見て、
その中で目立つ物を決めてるから。

例えば、A4サイズの用紙の中で目立っていても、
果たしてそのデザインののぼりが、
店先や展示ブース、店頭に立った時に
目立っているでしょうか?

もっと分かりやすくいうと、
木々の多い場所に緑や茶のデザインを選んだり、
白い建物が多い場所に白のデザインを選んだり、
景色に埋没していませんか?ということです。

「ちょっと何を言ってるのか、分かりません!」
という方は、是非一度こちらのページをご覧下さい!
オーダーのぼり専門店ならではの『実験』をしていますので。


http://www.order-nobori.com/experiment_onappearance.html

この実験結果を見て分かるように、
世に『インスタ映え』という言葉があるように
景色の中でちゃんと映えることが大切なのです。
しかも“悪目立ち”することなく、
消費者が商品や企業に対して好感を抱くような
デザインをする、もしくはデザインを選ぶことが、
「目立つのぼり」づくりの肝です!

基本的に「目立つのぼり」とは2種類です。
1)建物(展示会の場合はブース)とのぼり(のれん・看板なども)が、
トータルコーディネートされている場合。
いわゆる「雰囲気美人」ですね。
統一することによってブランド力が伝達できます。



2)のぼりが周辺環境の中で際立って、目に飛び込んでくる場合。
いわゆる「パンチが効いている」タイプですね。
写真やコピーをドンと大きくすることで
「おいしそう!」「お得そう!」と人間の欲求へ
ストレートに働きかけることができます。



のぼりはあくまで脇役で、商品やサービス、お店が主役です。
主役ではありませんが、
脇役をどう使うかで主役の輝きはグンと変わるものです。

のぼりが立つべき舞台はどこか?
のぼりが担うべき機能は何か?

のぼり単体だけを考えるのではなく、
店舗や商品、周辺環境など、全体像を把握し
のぼりのデザインを決めることが集客UP↑のポイントです!

具体的には
サイトのトップページ下部にある
「活用事例」コーナーをご覧ください!


http://www.order-nobori.com/

これからのぼりのデザインを考える時は、
服を買う時に“顔映り”を確認するように、
チラッとでも「のぼりを立てる場所」を想像して
のぼりも“環境映り”を確認してみてくださいね!
きっと今までより一層“映える”のぼりができますよ。

『もっと目立つのぼりの作り方を知りたい!』
という方は、是非こちらもチェックしてみてください!
街の目立つのぼり、目立たないのぼりを解説【全9回】
という無料メールセミナーも開催しています。


https://www.order-nobori.com/mailmaga.html

成人式ののぼりを作りませんか?

2018年12月12日
こんにちは!
オーダーのぼりドットコムの河野です。

今回は、12月に入ってたくさんご注文とお問い合わせをいただいている
【成人式ののぼり】をご紹介させていただきます。

先日、お客様より「1月の成人式にのぼりを持っていきたいのですが、間に合いますか?」
というお問い合わせをいただきました。
オリジナルでのぼりを作るとなると、注文からどれくらいで届くのか不安ですよね。

ご安心ください。まだまだ年内のお届けに間に合いますよ!

弊社では、通常便と特急便という2つのお届け納期をご用意しております。
通常便は、デザインの確定をしていただいてから6営業日後(土日祝を除く)出荷、
特急便は、デザイン確定後3営業日後(土日祝を除く)出荷となります。

年内にお届けをご希望の場合、
通常便は、12月18日(火)までに
特急便は、12月21日(金)までにデザインの確定をしていただければ間に合います。
ぜひご検討くださいませ。

注文をすると決めたら、次に悩むのは、デザインですよね?

成人式ののぼりのデザインにつきまして
「黒色の背景に金色の文字」で1人1本ずつ自分の名前を入れるお客様が多いです。

成人式ののぼり

ただ、のぼりに金色を印刷することは可能ですが、特殊な印刷になりますので、
ご注文枚数は10枚からとなります。

成人式ののぼりのように1枚で、どうしても金色が良い場合、
黄土色もしくは黄土色のグラデーションをかけて金色っぽく表現することができます。

【黄土色のグラデーション】
黄土色のグラデーション

この方法は、成人式ののぼり以外にも高級感を出したいときによく使われる方法です。
ご参考になれば幸いです。
高級感のあるのぼり

「もっとのぼりをカッコよくしたい!!」というお客様に
耳寄りな情報をお伝えします♪

のぼりは、通常、竿通しに白色の輪っかが付きます。
真っ黒なのぼりで、カッコいい感じにしたいのに
白色が入ると少し残念に思われますよね。

そんな悩みを解消してくれるのが黒チチです!!
(※チチとは、竿通しの輪っかのことです。)

チチの色比較

なんと!!のぼり1枚+200円で、
竿通しの輪っかも黒色にすることができます!

黒チチ
↑↑↑
黒チチにするとカッコよくなりますよね!!


そして、のぼりもポールも黒で統一したいという方にお勧めの商品が、
横棒も全て黒色の「オールブラックポール」です。
オールブラックポール

「黒チチ」&「オールブラックポール」で
黒に統一されたカッコいいのぼりを作ることができます。

黒チチとオールブラックポールは、カートに対応しておりませんので、
お手数ですがご要望欄にご記入をお願いいたします。

お見積りもすぐにいたしますので、お気軽にご連絡くださいませ。
お問い合わせはこちらから
↓↓
https://www.order-nobori.com/toiawase.html

一生に一度の成人式!
記念に残るのぼりを作ってみませんか?

オーダーのぼりドットコムの河野がお届けしました!

<関連記事>
黒チチで真っ黒なのぼりを作ってみませんか?
http://www.order-nobori.com/blog/home/archives/000233.html

のぼりに使われる生地「ポンジ」

2018年12月19日
こんにちは。
オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤です。


今日はのぼりの生地についてご紹介したいと思います。

実はのぼり用の生地は、
のぼりを作るために特化しているということを
ご存知でしょうか?


その名は「ポンジ」と申します。

ポリエステル系の生地で、
街中で見るのぼりの9割がこの生地だといっても
過言ではないと思います。


その「ポンジ」には大きく2つの特徴がございます。


まず1つ目、
「安価」な生地ということです。

のぼりは店頭で季節のメニューの告知や、
イベントの告知といったように、
短期間で使用することが多い商材です。

その為にも安価でなければイベントごとに
のぼりを製作することが難しくなります。

その為出来るだけコストを下げて作られております。

どのようにしてコストを下げたかと言うと、
それが2つ目の特徴にもなっているこちらです


2つ目の特徴
「薄くて軽い」

そうなんです、生地を薄くしました。
材料費が抑えられる訳ですね。


生地が薄いとさらにメリットがあります。
それはインクの裏抜けです。

印刷する時は表面からインクをのせますので、
通常の生地だと裏側は白いままです。

でも薄いと裏面にまでインクが浸透します!

その結果、裏から見ても色が出ていますので、
のぼりの内容がわかります。

生地の裏抜け
上の列は表面、下の列は裏面です。
左が「ポンジ」、右が横断幕などに使われる
「トロマット」という生地です。

比べてみるとインクの浸透具合がよく分かるかと思います。


ということは、通常両面で表示させるには、
表からと裏からと2回印刷をするのですが、
「ポンジ」だと1回の印刷で両面出来ている訳です。

コスト削減にもつながっています。

もうのぼりに使わずして何に使う!?
という生地だということです。



ただ、良いことばかりでもございません。
犠牲にしているものもございます。

それが「耐候性」です。

もともと短期間だけの使用ということなので、
当然と言えば当然ですが、
やはり耐候性は低くなります。


弊社で実際にのぼりを外に出したままにして、
どの位の期間もつのか耐久性の実験をした事があります。
実験の結果、約3ヵ月という結果になりました。
(使う環境によって長くなったり短くなったりはします)

生地の劣化
右ののぼりが外に出し続けたのぼりです。
生地が傷み、色も薄くなっています。

のぼりは消耗品と考えていただいた方が良いですね。
そういった意味でも「安価」というのは必要になってきます。


生地を薄くすることで、
コストダウンと、インクの裏抜けを手に入れたわけです。


しかし、

コストは上がってもいいから、
耐候性の高いのぼりはないの?

というお声もございます。


実はございます。

それが弊社の「長持ちのぼり」です。


「ポンジ」よりも少し分厚い
「ツイル」という生地を使用します。

これは社旗などを作る生地なので、
風にもなびくしっかりとした生地です。


表からの印刷だけではインクを浸透出来ないので、
表面・裏面両方から印刷します。

両方から印刷するので、両面とも全く同じ色になります。


使用環境で大きく変わりますが、目安としましては、
「ポンジ」の約3ヵ月に比べて、約1年持ちます。

長くご使用になられるならば、
「長持ちのぼり」もご検討ください。
↓↓↓
http://www.order-nobori.com/durable.html

オーダーのぼりドットコム、印刷担当の岩澤がお届けしました。
のぼりのご注文はこちらから↓↓↓
http://www.order-nobori.com/

プロフィール
管理者:オーダーのぼりドットコム店長@河野



所属していた部活:テニス部・水泳部
好きな俳優:ジョニー・デップ
映画:パイレーツオブカリビアン
自慢できることは?:
簡単なラテアートができること!今は…(笑)

オーダーのぼりドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。
お客様に安心してご注文いただけるよう
とことんお付き合いいたします!
明るい電話対応を心がけておりますので、
お気軽にご連絡くださいませ。
<< 2018年 12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事