このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > のぼり全般 > のぼりの種類について

のぼりの種類について

2019年06月15日
こんにちは!
オーダーのぼりドットコムの河野です。

前回まで3回に渡って
「原稿作成」についてご説明してきました。

ワードやエクセルのデータからのぼりを作ってみませんか?
https://www.order-nobori.com/blog/home/archives/000157.html

のぼりのデザインでお困りの方へ
https://www.order-nobori.com/blog/home/archives/000158.html

のぼりのデザインお任せください
https://www.order-nobori.com/blog/home/archives/000165.html

今回からのぼりの種類について
ご説明させていただきます。

当店で取り扱いしているのぼりの種類は
全部で8種類あります。

まず、のぼりの名称と特長、写真をご案内させていただきます。
こちらをご覧ください。
↓↓↓

1)街でよく見かける「のぼり旗
のぼり旗

2)生地が分厚くて丈夫な「長持ちのぼり
長持ちのぼり

3)竿通しが袋加工で、巻き上がりにくい「スタイリッシュのぼり
スタイリッシュのぼり

4)帆のようなカーブが特徴の「スウィングバナー
スウィングバナー

5)Pの形が特徴的な「Pバナー
Pバナー

6)綿生地を使った和風のイメージを出す「綿のぼり
綿のぼり

7)小さくても存在感バツグンの「ミニのぼり
ミニのぼり

8)大きなサイズで、インパクト大「ジャンボのぼり
ジャンボのぼり

以上8種類ののぼりについて
1回のブログでは、ご紹介しきれないので、
8回に分けて、ご紹介させていただきますね。

今回は、第一弾として
よく街で見かける「のぼり旗」をご紹介します!

のぼり旗は
・お店や商品をアピールするもの
・イベントを告知するもの
・観光地の目印となるもの
・部活やチームを盛り上げるもの
というようにさまざまなシーンで使われています。

まず生地ですが
のぼり旗はポンジという生地を使っています。

ポンジ生地は、薄くて軽いので風によくなびきます。
また、薄いので、裏までしっかり色が付き、
裏面からでも内容がはっきり見えます!
(ただし、裏面の柄は反転します。)

どんな生地か気になる方は
ぜひ無料の生地見本帳をご請求くださいませ。
生地見本帳のご請求はこちらです。

実際に見て、触ってみてください♪

次にサイズについて
一般的なサイズは
幅600×高さ1800mmです。

のぼり旗のサイズ

この他にサイトでは
スリムな幅450×高さ1800mm
小さめな幅450×高さ1500mm
をご紹介しておりますが、
こちらのサイズ以外でも
お作りすることができます!

たとえば、幅300×高さ600mm
という小さなサイズでお作りいただいたことがあります。
↓↓
オリジナルのぼり

このようにオリジナルでのぼりを作っておりますので
ご希望のサイズがございましたら
お気軽にお問い合わせください。

サイズ、仕上げ方法、梱包形態、
納期、防炎加工の有無によっても
価格が変わります。

価格はサイトをご覧くださいね。
https://www.order-nobori.com/product/nobori/

以上、今回は街で見かける「のぼり旗」について
ご説明させていただきました。

オーダーのぼりドットコムの河野がお届けしました!

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:オーダーのぼりドットコム店長@戸井




好きなARTIST?THE YELLOW MONKEY
学生時代の部活は? 生物部
好きな映画は? 「南極料理人」
座右の銘は? 細く長く
自慢できることは?:
イチローのプレーを生で見ていたこと

オーダーのぼりドットコムのご注文、お問い合わせなど、お客様窓口を担当しています。
お客様の思い通りののぼりが出来るよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思いますので、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。とことんお付き合いいたします!
<< 2019年 06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事